羽石研究室
English

腹腔鏡映像からの出血位置特定

(Identification of bleeding frames and hemostasis support in laparoscopic surgery)

腹腔鏡映像からの出血位置特定

卒業:岡本 尚之

近年, 医療技術の向上に伴い低侵襲治療の需要が高まっています。中でも, 腹腔鏡手術は開腹手術と比較して手術創が小さく, 早期の社会復帰が可能であり, 多くの関心を向けられています. しかし, 少量の出血で視野が極端に悪化し出血点がわかりにくいことから, 視野の確保と止血操作は困難を極めます. 我々は, 出血領域の強調表示と出血フレームの提示の2点を腹腔鏡手術における止血支援として提案し, 止血支援システムの開発を行っています.
1-001
        

学会発表

  1. T.Okamoto, T.Ohnishi, H.Kawahira, H.Haneishi: Identification of bleeding frames and hemostasis support in laparoscopic surgery, the International Forum on Medical Imaging in Asia (IFMIA), PS. 1 #606(3 pages), National Cheng Kung University, Tainan, Taiwan(2015.1.11-13)
  2. 岡本尚之,大西峻,川平洋,羽石秀昭: 腹腔鏡手術止血支援システム構築に向けた出血領域実時間特定法の開発,電子情報通信学会技術報告,Vol. 115,No. 401,pp. 157-160,メディカルイメージング連合フォーラム2016,那覇市ぶんかテンブス館 (2016.1.19-20)
  3. T.Okamoto, T.Ohnishi, H.Kawahira, H.Haneishi: Real time identification of blood region and hemostasis support in laparoscopic surgery, CARS(Computer Assisted Radiology and Surgery)2016 30th International Congress and Exhibition, Heidelberg, Germany (2016.6.21-25)