千葉大学 フロンティア医工学センター 先端治療工学研究室

サイトマップ

研究業績PUBLICATIONS

論文
著書
講演
国際学会発表
国内学会発表
受賞・助成等
特許
メディア掲載・紹介記事等
その他活動等(研究・教育広報)

論文

2018年

(原著)

Takaaki Sugino, Ryoichi Nakamura, Akihito Kuboki, Osamu Honda, Masashi Yamamoto, Nobuyoshi Ohtori, Comparative analysis of surgical processes for image-guided endoscopic sinus surgery, International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery, 2018 (OnlineFirst)

Hiroshi Kawahira, Ryoichi Nakamura, Yoshihiro Shimomura, Takashi Ooshiro, Shinichi Okazumi, Clinical use of a wearable lower limb support device for surgeries involving long periods of standing, Journal of Japanese Society of Computer Aided Surgery, 20(3):121-125, 2018

Tomoko Yamaguchi, Ryoichi Nakamura, Laparoscopic training using a quantitative assessment and instructional system, International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery, 13(9):1453-1461, 2018


(総説・解説・研究報告など)

中村亮一,正宗賢,手術ロボット・マニピュレータ・デバイスの研究開発動向,日本コンピュータ外科学会誌,20(3):126-128,2018

中村亮一,レーザー技術を用いた低侵襲手術ロボット - 非接触精密治療の可能性とガイドライン -,光アライアンス, 29(8):32-35, Aug 2018

五十嵐辰男,石井琢郎,中村亮一,納谷幸男,等張液灌流下鏡視手術(水中手術),泌尿器外科,31(臨増):596-597,2018

高安武志,濱 聖司,川平 洋,中村亮一,山崎文之,齋藤太一,武田正明,岡崎貴仁,高野元気,杉山一彦,栗栖 薫,ウェアラブルチェア「アルケリス」の脳神経外科手術応用への展望,脳神経外科速報 Vol.28 (2018年2月号)

中村亮一,超音波診断画像を用いたナビゲーション誘導下低侵襲治療の現状と未来,特集 超音波診断・治療支援システム開発の最先端,超音波医学, 45(2):159-166, 2018


2017年

(原著)

Takaaki Sugino, Hiroshi Kawahira, Ryoichi Nakamura, Comprehensive surgical task analysis on image-guided surgery, Journal of Medical Imaging and Health Informatics, 7(4):780-787, Aug 2017

Toshikazu Kawai, Hiroyuki Hayashi, Atsushi Nishikawa, Ryoichi Nakamura, Yuji Nishizawa, Masaaki Ito, Tatsuo Nakamura, Compact forceps manipulator with a spherical-coordinate linear and circular telescopic rail mechanism for endoscopic surgery, International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery, 12(8):1345-1353, 2017

Takaaki Sugino, Ryoichi Nakamura, Akihito Kuboki, Osamu Honda, Masashi Yamamoto, Nobuyoshi Ohtori, Quantitative analysis of a camera operation for endoscopic sinus surgery using a navigation information: clinical study, Journal of Japanese Society of Computer Aided Surgery, 19(1)17-25, 2017


(総説・解説・研究報告など)

中村亮一,レーザ技術を用いた低侵襲手術ロボット,OPTRONICS,36(12):68-71,2017

中村亮一,五十嵐辰男,手術ナビゲーション,腎臓内科・泌尿器科,5(5):518-523,2017

中村亮一,術中画像処理,Medical Imaging Technology,Vol. 35 (2017) No. 1 p. 29-34


2016年

(総説・解説・研究報告など)

中村亮一, 正宗賢,手術ロボット・マニピュレータの研究開発動向,日本コンピュータ外科学会誌,18(3):139-142,2016


2015年

(原著)

杉野貴明,久保木章仁,中山次久,大村和弘,浅香大也,山口智子,小島博巳,鴻信義,中村亮一,ナビゲーション情報を利用した内視鏡下副鼻腔手術における内視鏡操作の定量分析,日本コンピュータ外科学会誌,17(4):333-342,2015

Yuki Yamamoto, Ryoichi Nakamura, Two-way least-incision transformable end-effector forceps for robot-assisted surgery, ROBOMECH Journal, 2015, 2:3


2014年

(原著)

小熊諒,中口俊哉,中村亮一,山口匡,川平洋,羽石秀昭,腹腔鏡下手術用超音波プローブの屈曲角検出を用いた内視鏡像への超音波画像重畳システム,Medical Imaging Technology,32(3):203-211, 2014

Takaaki Sugino, Hiroshi Kawahira, Ryoichi Nakamura, Surgical task analysis of simulated laparoscopic cholecystectomy with a navigation system, International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery, 9(5):825-836, Sept 2014


(総説・解説・研究報告など)

中村亮一,杉野貴明,本多有芽,川平洋,計算解剖学モデルを応用したナビゲーション誘導下腹腔鏡下手術の自動工程分析・評価,特集 医用画像に基づく計算解剖学の創成と診断・治療支援の高度化,Innervision,29(11):56,2014

中村亮一,杉野貴明,外科手術を可視化する:術中情報解析による手術工程・作業自動評価システム,化学工業,65(8):610-616,Aug 2014


2013年

(原著)

Ikuma Sato, Ryoichi Nakamura, Evaluation of positioning error of GPU-based 3D ultrasound surgical navigation system for moving targets using optical tracking system, International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery, 8(3):379-393, May 2013

Marina Kobayashi, Ikuma Sato, Ryoichi Nakamura, Surgical Navigation with Distance Sensation Using Force Feedback for Robotic Surgery, Journal of Medical Imaging and Helthcare Informatics, 3(1):120-124, 2013


(総説・解説・研究報告など)

Hideaki Haneishi, Tadashi Yamaguchi, Ryoichi Nakamura, Toshiya Nakaguchi, Mikio Suga, Hiroshi Kawahira, Research Status in the Fusion and Enrichment of Medical Imaging for High Quality Diagnosis and Treatment (FERMI) Project, Journal of Medical Imaging and Helthcare Informatics, 3(1):51-58, 2013


2012年

(原著)

Ryoichi Nakamura, Tomoaki Aizawa, Yoshihiro Muragaki, Takashi Maruyama, Hiroshi Iseki, Automatic surgical workflow estimation method for brain tumor resection using surgical navigation information, Journal of Robotics and Mechatronics, 24(5):791-801, 2012

中村亮一,本多有芽,佐藤生馬,手術ナビゲーションシステムにおける「近接覚」提示誘導法の提案と評価,日本コンピュータ外科学会誌,14(2):63-69,2012(短報)


2011年

(原著)

上内洋輝,佐藤生馬,鈴木孝司,植松美幸,中村亮一,村垣善浩,伊関洋,正宗賢,タブレットPCを使用した医用画像重畳表示ナビゲーションシステムの開発,日本コンピュータ外科学会誌,13(4):445-452,2011

中村亮一,北角権太郎,長村伸一,田辺良子,須藤政光,勝池康允,望月剛,千葉敏雄,術中リアルタイム3D超音波診断画像を用いた胎児外科手術ナビゲーションの開発,日本コンピュータ外科学会誌,13(2):87-95,2011(2012年度論文賞(工学賞))

相沢知明,中村亮一,村垣善浩,丸山隆志,田中雅彦,伊関 洋,手術ナビゲーション情報を利用したMRI誘導下脳腫瘍摘出術の進捗工程解析法,日本コンピュータ外科学会誌,13(1):25-32,2011(2012年度論文賞(優秀症例賞))


(総説・解説・研究報告など)

山下紘正,金季利,山中紀明,北角権太郎,ヘルランバンニコラス,絵野沢伸,岡潔,中村亮一,三輪光春,勝池康允,望月剛,廖洪恩,小林祐二,福与恒雄,河合輝男,中村哲也,佐久間一郎,伊関洋,藤江正克,正宗賢,土肥健純,千葉敏雄,解説特集:外科医を支援する生体医工学 未来の胎児外科手術のための新しい目と手,生体医工学 49(5):678-684,2011

中村亮一,鈴木孝司,高密度情報誘導手術環境を支援する手術工程解析法の開発,立石科学技術振興財団助成研究成果集,Vol.20:88-93,2011


2010年

(原著)

中村亮一,原美紀子,大森繁,植松美幸,梅津光生,村垣善浩,伊関洋,診断情報誘導下脳腫瘍精密レーザ手術ロボットシステムにおける座標系統合法の開発と評価,電気学会論文誌C,130(3):414-419,2010


2009年

(原著)

清水健太郎,村垣善浩,中村亮一,鈴木孝司,伊関洋,脳神経外科における遠隔手術に適する映像圧縮率とその品質に関する新たな評価法とその結果,日本コンピュータ外科学会誌,11(2):75-80,2009

Gen Ogura, Ryoichi Nakamura, Yoshihiro Muragaki, Makoto Hashizume, Hiroshi Iseki, Development of an articulating ultrasonically activated device for laparoscopic surgery, Surgical Endoscopy, 23(9):2138-2142, 2009

Chernov MF, Nakaya K, Kasuya H, Kato K, Ono Y, Yoshida S, Nakamura R, Suzuki T, Muragaki Y, Iseki H, Kubo O, Hori T, Takakura K, Metabolic alterations in the peritumoral brain in cases of meningiomas: (1)H-MRS study, Journal of the Neurological Sciences, 2009, Vol.284, N1 (September), pp.168-174

Chernov MF, Muragaki Y, Ochiai T, Taira T, Ono Y, Usukura M, Maruyama T, Nakaya K, Nakamura R, Iseki H, Kubo O, Hori T, Takakura K, Spectroscopy-supported frame-based image-guided stereotactic biopsy of parenchymal brain lesions: Comparative evaluation of diagnostic yield and diagnostic accuracy, Clinical Neurology and Neurosurgery, 2009, Vol.111, N6 (July), pp.527-535

M.F.Chernov, M. Hayashi, M. Izawa, K. Nakaya, N. Tamura, Y. Ono, K. Abe, M. Usukura, S. Yoshida, R. Nakamura, T. Suzuki, Y. Muragaki, H. Iseki, O. Kubo, T. Hori, K. Takakura, Dynamics of Metabolic Change in Intracranial Metastases and Distant Normal-Appearing Brain Tissue after Stereotactic Radiosurgery: a Serial Proton Magnetic Resonance Spectroscopy Study, The Neuroradiology Journal, 22:58-71, 2009

植松美幸,中野喜隆,松川絋大,宇都宮隆平,中村亮一,村垣善浩,伊関洋,青見茂之,梅津光生, 大血管手術の安全性を高める画像支援ナビゲーションシステム,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,14(1):39-47, 2009 (日本バーチャルリアリティ学会第12回論文賞)

Norihiko Ozawa, Yoshihiro Muragaki, Ryoichi Nakamura, Tomokatsu Hori, Hiroshi Iseki, Shifiting of White Matter Bundles Including the Pyramidal Tract Estimated by Intraoperative Diffusion-Weighted Imaging, Neurologia medico-chirurgica 2009, 49(2):51-56

N. Ozawa, Y. Muragaki, R. Nakamura, H. Iseki, Identification of the Pyramidal Tract by Neuronavigation Based on Intraoperative Diffusion-Weighted Imaging Combined with Subcortical Stimulation, Stereotact Funct Neurosurg 2009;87(1):18-24

Chernov MF, Muragaki Y, Maruyama T, Ono Y, Usukura M, Yoshida S, Nakamura R, Iseki H, Kubo O, Hori T, Takakura K, Oral administration of choline does not affect metabolic characteristics of gliomas and normal-appearing white matter, as detected with single-voxel (1)H-MRS at 1.5 T, Neuroradiology, 2009, Vol.51, N3, pp.137-143

Mikhail F. Chernov, Takakazu Kawamata, Kosaku Amano, Yuko Ono, Takashi Suzuki, Ryoichi Nakamura, Yoshihiro Muragaki, Hiroshi Iseki, Osami Kubo, Tomokatsu Hori, Kintomo Takakura, Possible role of single-voxel 1H-MRS in differential diagnosis of suprasellar tumors, J Neurooncol 2009 91(2):191-198


(総説・解説・研究報告など)

中村亮一,体腔内で変形/整形し特殊操作を可能にする内視鏡手術支援デバイス用高機能エンドエフェクタの基礎的研究,カシオ科学振興財団年報,p106-107,2009

伊関洋,村垣善浩,中村亮一,鈴木孝司,コンピュータ外科の現状と将来,病院設備 51(1):53-8,2009


back to top



論文
著書
講演
国際学会発表
国内学会発表
受賞・助成等
特許
メディア掲載・紹介記事等
その他活動等(研究・教育広報)

著書

2018年

中村亮一,6-4 手術支援ロボット(第6章 ロボット),テクノロジー・ロードマップ2019-2028 全産業編,日経BP社,東京,2018,pp256-259

中村亮一,杉野貴明,内視鏡下手術における手術ナビゲーションを用いた術中情報収集の必要性と技術開発,「最先端医療機器の病院への普及展望と今後の製品開発」,(株)技術情報協会,東京,5月31日,2018,p169-177

五十嵐辰男,納谷幸男,中村亮一,灌流下鏡視下手術(水中手術)とミニマム創手術の親和性,ガスレス・シングルポート泌尿器手術 基礎・上級編,木原和徳編著,医学図書出版,東京,2018,pp180-183


2017年

中村亮一,5-4 手術支援ロボット(第5章 ロボット),テクノロジー・ロードマップ2018-2027 全産業編,日経BP社,東京,2017,pp204-207


2016年

中村亮一,4-4 手術支援ロボット(第4章 ロボット),テクノロジー・ロードマップ2017-2026 全産業編,日経BP社,東京,2016,pp200-203


2015年

中村亮一,2-18 手術支援ロボット(第2章 医療 2-3. ビジネス機会の拡大),テクノロジー・ロードマップ2016-2025 医療・健康・食農編,日経BP社,東京,2015,pp238-241

中村亮一,杉野貴明,伊藤夏織,川平洋,五十嵐辰男,手術ナビゲーションによる解剖と手技の可視化,メディカル&イメージング No.2,オプトロニクス社,東京,p36-42,2015


back to top



論文
著書
講演
国際学会発表
国内学会発表
受賞・助成等
特許
メディア掲載・紹介記事等
その他活動等(研究・教育広報)

講演(招待講演・基調講演・指定講演・パネリストなど)

2018年

中村亮一,コンピュータ外科学:ロボット・IT技術による先端医療イノベーション,千葉市科学館 大人が楽しむ科学教室,千葉,2018年7月8日

中村亮一,レーザー技術を用いた低侵襲手術ロボット,OPIE'2018 メディカル&イメージングセミナー,横浜,4月27日,2018

中村亮一,術中情報分析に基づく低侵襲外科治療技術の可視化と最適化,第115回日本医学物理学会学術集会,横浜,4月15日,2018(招待講演)

中村亮一,杉野貴明,山口智子,山本将志,深津尚希,青木聖文,澤野悠一郞,植村宗則,久保木章仁,鴻信義,外科医療の計測・分析・提示技術による最適化と医工産学連携,第47回日本脊椎脊髄病学会学術集会 シンポジウム「情報技術(IT)と最先端医療」,神戸,4月12日,2018(招待講演)

中村亮一,手術支援分野におけるICT・ロボット工学技術応用の現状と未来,経営支援NPOクラブ,東京,2018年2月27日


2017年

Ryoichi Nakamura, Intuitive Visualization and Optimization of Surgery based on Anatomy and Workflow information inside OR: New Strategy on Image-guided Surgery, International Conference on Intelligent Informatics and BioMedical Science 2017 (ICIIBMS2017), Okinawa, Japan, Nov. 24-26, 2017

中村亮一,25周年特別企画「日本コンピュータ外科学会 次の25年」,第26回日本コンピュータ外科学会大会,名古屋,2017年10月29日(パネリスト)

中村亮一,ミニシンポジウム「革新的な医療機器開発を目指した学会と国の新しい連携のあり方について」,第26回日本コンピュータ外科学会大会,名古屋,2017年10月28日(パネリスト)

中村亮一,術中映像・画像処理による外科治療の最適化,シンポジウム1:眼工学の眼科医療への応用,第53回日本眼工学学会総会,東京,2017年9月2日(招待講演)

中村亮一,サイエンティスト・クエスト 「情報技術で手術が変わる?」,日本科学未来館,東京,2017年7月23日

中村亮一,《客観的自動自己評価アプリを備えた内視鏡下手技トレーニングシステム》国際情報ネット × ホーキーメディテック × 千葉大学,C-square EXPO'17,東葛テクノプラザ,2017年7月14日(指定講演)


2016年

Ryoichi Nakamura, Intuitive Visualization of Anatomy and Workflow inside OR: New Strategy on Image-guided Surgery, THE FIRST IU-CU WORKSHOP FOR COMPUTER SCIENCE AND BIOMEDICAL ENGINEERING, The INTERNATIONAL UNIVERSITY - HO CHI MINH NATIONAL UNIVERSITY, Ho Chi Minh City, Vietnam, June 14, 2016 (Keynote Lecture)

中村亮一,Pham Duc Tai,中田浩之,,森崎桂太,杉野貴明,伊藤夏織,吉村拓司,林優希,川平洋,五十嵐辰男,術中診断・映像の取得・分析・提示による新たな軟性臓器ナビゲーション手術"i-WaFLES"の創成,第104回日本泌尿器科学会総会 PP企画16 シンポジウム "画像診断が外科手術を変える",仙台,2016年4月25日(招待講演)


2015年

中村亮一,術中画像情報処理に基づく外科治療の可視化と最適化,第3回熊本大学医工連携フォーラム -生命科学・自然科学分野連携-,熊本,2015年12月14日

中村亮一,術中画像・情報処理に基づく低侵襲外科治療の可視化と最適化,第3回テニュアトラック教員による創発型シンポジウム - 分野融合研究への展望 -,名古屋,2015年11月20日(招待講演)

中村亮一,術中情報計測・処理による手術工程分析とロボット制御,川崎市産業振興財団平成27年度第1回医工連携研究会,神奈川,2015年10月19日(招待講演)

中村亮一,医療機器産業参入のための最初の一歩 ~医療機器開発ガイドラインとリスクマネージメント~,川崎市産業振興財団平成27年度第1回医工連携研究会,神奈川,2015年10月19日(招待講演)

中村亮一,低侵襲手術とトレーニングを最適化するデジタル手術評価ソリューション,千葉エリア産学官連携オープンフォーラム2015,千葉,2015年9月11日(指定講演)

中村亮一,杉野貴明,川平洋,伊藤夏織,鈴木啓太,五十嵐辰男,術中画像情報処理に基づく外科治療の可視化と最適化,第54回生体医工学会大会 オーガナイズドセッション15「生体医用画像工学の新潮流」,名古屋,5月8日,2015(指定講演)

中村亮一,杉野貴明,鈴木啓太,伊藤夏織,Pham Duc Tai,山本優希,川平洋,五十嵐辰男,ナビゲーション外科医療における治療情報の可視化・分析・応用と医工産学連携,電子情報通信学会2015年総合大会企画セッション「先端医療機器の薬事承認を効率化するレギュラトリーサイエンスの現状と将来展望」,草津,3月11日,2015(招待講演)

中村亮一,杉野貴明,鈴木啓太,伊藤夏織,川平洋,五十嵐辰男,術中情報の取得・提示・評価に基づく外科治療の可視化と最適化,第3回次世代がん治療推進専門家養成プランシンポジウム,東京,1月24日,2015(招待講演)

中村亮一, 等張液充填式腹腔鏡下手術WaFLESとナビゲーション技術による次世代低侵襲手術の創成と最適化,九州大学病院第96回先端医工学セミナー,福岡,1月13日,2015(招待講演)


2014年

中村亮一, 医用画像による外科医療の超可視化 ~ナビゲーションと工程・作業分析~,第4回JIRA画像医療システム産業研究会,東京,12月10日,2014(招待講演)

中村亮一, Image computing and visualization for navigation, robotics, and skill assessment in surgery, 第2回テニュアトラック教員による創発型シンポジウム,横浜,11月27-28日,2014(招待講演)

中村亮一,CAS Young Investigator award 受賞から7年を経て ~超低侵襲内視鏡下手術を支援するロボット技術と術中情報取得・分析~,第23回日本コンピュータ外科学会大会 シンポジウム「日立メディコ賞受賞者による未来予測」,大阪,11月8日,2014,日本コンピュータ外科学会誌,6(3):142-143,2014(招待講演)

Ryoichi Nakamura, Image computing and visualization for robotics, navigation, and skill assessment in surgery, The 7th KIST Bionic Symposium on Micro Surgical Robot Systems, Seoul, Republic of Korea, Oct. 21, 2014(Invited Lecture)

中村亮一,Class1 Non-clashing Flexible鉗子 工学シーズ解析,第27回日本内視鏡外科学会総会 ニーズ解析に基づく医工連携・産学官連携シンポジウム,盛岡,10月3日,2014(指定講演)

中村亮一,内視鏡下手術における情報の可視化・分析法と高機能術具の開発,C-square EXPO,東葛テクノプラザ,2014年7月11日(指定講演)

中村亮一,内視鏡下手術における情報の可視化・分析法と高機能術具の開発,第1回テニュアトラック教員による創発型シンポジウム -異分野交流による次世代技術/学術領域の創成を目指して-,九州工業大学,2014年1月21日(指定研究発表,パネリスト)


2013年

中村亮一,治療の工程分類・評価と 最適化を実現する 手術工程解析システム,国立六大学連携コンソーシアム 新技術説明会,JST東京本部別館ホール,東京,9月17日,2013(指定)

Ryoichi Nakamura, Medical Image Processing for Intuitive Navigation and Surgical Workflow Analysis, ICC Chiba Color Experts' day 2013, Chiba, Feb. 2, 2013(招待)


2012年

中村亮一,大塚亮,杉野貴明,川平洋,五十嵐辰男,Wafles環境とナビゲーション技術による次世代情報誘導内視鏡下手術への挑戦,第25回日本内視鏡外科学会総会 特別ワークショップ「手術ナビゲーションはどこまで進化したか?」,横浜,12月8日,2012(招待)

Ryoichi Nakamura, Navigation-based intuitive guidance and analysys for robotics in minimally invasive surgery, Workshop on Future trends on Medical Robotics, IEEE International Conference on Biomedical Robotics and Biomechatronics (BioRob2012), Rome, Italy, June 24, 2012 (指定)

中村亮一,手術ナビゲーション情報を用いた手術手技・環境の自動計測・分析・予測手法の開発,第51回日本生体医工学会大会 シンポジウム「低侵襲治療技術・生活支援技術とコンピュータ支援技術の現状と将来」,福岡,5月10日,2012,生体医工学 50(Supple1):82,2012 (公募)


2011年

中村亮一,「近接覚」提示ナビゲーションによる新たな精密治療誘導,第50回日本生体医工学会大会 オーガナイズドセッション「医用画像処理・表示」,東京,4月30日,2011,生体医工学 49(Supple1):135,2011 (指定)

中村亮一,近傍球探査法を用いた胎児外科支援4Dエコーナビゲーション,第50回日本生体医工学会大会 オーガナイズドセッション「胎児外科」,東京,5月1日,2011,生体医工学 49(Supple1):255,2011 (指定)


2010年

Ikuma Sato, MRI Compatible Manipulator with MRI-Guided Needle Insertion Support System, (Organized Session): Young Researchers in Medical Robotics, 2010 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS2010), Aichi, Nov.7-10, 2010 (指定)

中村亮一,「千葉大学におけるCASの展開と拠点形成」,第19回日本コンピュータ外科学会大会 歴代日立メディコ賞受賞者講演,福岡,2010年11月2日 (招待)

Ryoichi Nakamura, "Quantitative visualization of surgical information in navigation surgery", Invited Talk, I2R-Chiba University JSPS Joint Workshop 2010 "Next Generation Bio-Medical Engineering", Fusionopolis, Singapore, 27-28 August 2010 (invited)

中村亮一,「術中画像取得・処理による手術ナビゲーションと手術ロボットシステム」,オーガナイズドセッション「先端治療を目指すエンジニアリング I」,日本機械学会第22回バイオエンジニアリング講演会,岡山,2010年1月9日,講演論文集 p136 (指定)


2008年

中村亮一,パネルディスカッション「医理工融合と先端医療」,文部科学省 私立大学学術研究高度化推進事業 (ハイテク・リサーチ・センター整備事業) 第2回早稲田大学・東京女子医科大学TWInsジョイントシンポジウム 「医理工融合研究の進展」,東京,2008年12月20日 (指定)


出張講義・模擬講義

「コンピュータ外科学:工学技術による先端医療イノベーション」,昌平高等学校,2018年6月15日

「工学の医療に果たす役割 -技術と現場と革新と- 」,千葉県立千葉西高等学校,2018年6月4日

「コンピュータ外科学 -工学技術による先端医療イノベーション-」,駒澤大学医療健康科学部,2018年7月7日

「ものづくり・IT技術による手術の最先端 -手術ロボット・情報システムによるコンピュータ外科手術-」,駒澤大学医療健康科学部・大学院医療健康科学研究科,2017年7月1日(中村亮一)

「ものづくり・IT技術による手術の最先端」,千葉県立千葉西高等学校,2017年6月5日(中村亮一)

「コンピュータ外科学:工学技術による先端医療イノベーション」,国府台女子学院高等学校,2016年7月15日(中村亮一)

「情報科学の外科手術への応用:術中画像情報処理に基づく手術の可視化と最適化」,奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科,2016年5月11日(中村亮一)

「コンピュータ外科学:工学技術による先端医療イノベーション」,昭和学院秀英高等学校,2015年11月17日(中村亮一)

「コンピュータ外科学:工学技術による先端医療イノベーション」,東京都立小松川高等学校,2015年10月7日(中村亮一)

「ナビゲーション医療:最新の医療を支える先端工学技術」,千葉県立国分高等学校,2015年7月15日(中村亮一)

「ナビゲーション医療:最新の医療を支える先端工学技術」,千葉県立成東高等学校,2015年7月8日(中村亮一)

「術中情報による外科医療の超可視化と医工連携」,横浜国立大学大学院工学研究院,2015年1月19日(中村亮一)

「コンピュータ外科学:先端医療を支える工学技術」,千葉市立千葉高等学校,2014年11月18日(中村亮一)

「コンピュータ外科学:先端医療を支える工学技術」,東京都立小松川高等学校,2014年10月8日(中村亮一)

「コンピュータ外科学:先端医療を支える工学技術」,千葉市立千葉高等学校,2013年11月27日(中村亮一)

「ナビゲーション医療:可視化による最先端治療」,千葉大学工学部模擬講義,2013年11月3日(中村亮一)

「コンピュータ外科学:先端医療を支える工学技術」,千葉県立佐倉高等学校,2012年6月19日(中村亮一)

「Automatic measurement, analysis, and prediction method for surgical procedure and environment using surgical navigation information」,国立成功大学生物医学工程学部(台湾),2012年5月22日(中村亮一)

「医工学:工学部から発信する先端医療の実現」,千葉市立千葉高等学校,2010年10月18日(中村亮一)

back to top



論文
著書
講演
国際学会発表
国内学会発表
受賞・助成等
特許
メディア掲載・紹介記事等
その他活動等(研究・教育広報)

国際学会発表

2018年

S. Aoki, T. Yamaguchi, M. Uemura, M. Hashizume, R. Nakamura, Evaluation of endoscopic intestinal suture training by time-series comparison with the expert model, The 40th International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC2018), Honolulu, HI, USA, July 17-21, 2018, abstract 3483

Y. Sawano, R. Nakamura, Optimization of the Surgical Tool Marker in Optical-navigation-guided Endoscopic Sinus Surgery, The 40th International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC2018), Honolulu, HI, USA, July 17-21, 2018, abstract 3482

R. Nakamura and H. Kawahira, Archelis: A Wearable Chair for Reducing Surgeons’ Fatigue in the Operating Room, The 40th International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC2018), Honolulu, HI, USA, July 17-21, 2018, abstract 3448

N. Fukatsu, S. Aoki, T. Yamaguchi, M. Uemura, M. Hashizume, R. Nakamura, Quantitative evaluation of laparoscopic intestinal suturing by forceps motion analysis from 305 training videos, 32nd International Congress on Computer Assisted Radiology and Surgery (CARS2018), Berlin, Germany, June 20-23, 2018, International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery, 13(suppl):S244-245, June 2018

T. Yamaguch, R. Nakamura, Laparoscopic training using a quantitative assessment and instructional system, 32nd International Congress on Computer Assisted Radiology and Surgery (CARS2018), Berlin, Germany, June 20-23, 2018, International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery, 13(suppl):S194, June 2018

S. Aoki, T. Sugino, A. Kuboki, N. Ohtori, R. Nakamura, Quantitative evaluation of endoscopic sinus surgery using time series process analysis, 32nd International Congress on Computer Assisted Radiology and Surgery (CARS2018), Berlin, Germany, June 20-23, 2018, International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery, 13(suppl):S76-77, June 2018

M. Kontto, R. Nakamura, Features from non-linear scale space using fast guided filter for navigation system in Water-Filled Laparoendoscopic Surgery (WaFLES), 32nd International Congress on Computer Assisted Radiology and Surgery (CARS2018), Berlin, Germany, June 20-23, 2018, International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery, 13(suppl):S54-55, June 2018


2017年

Tomoko Yamaguchi, Ryoichi Nakamura, Development of a laparoscopic training system with quantitative skill assessment and learning support module, The 13th Asian Conference on Computer Aided Surgery (ACCAS2017), Chang Bin, Taiwan, Nov. 26-28, 2017

Seiya Aoki, Naoki Fukatsu, Tomoko Yamaguchi, Munenori Uemura, Makoto Hashizume, Ryoichi Nakamura, Quantitative evaluation of endoscopic intestinal suture training using time series process analysis, The 13th Asian Conference on Computer Aided Surgery (ACCAS2017), Chang Bin, Taiwan, Nov. 26-28, 2017

Toshikazu Kawai, Hiroyuki Hayashi, Atsushi Nishikawa, Ryoichi Nakamura, Yuji Nishizawa, Masaaki Ito, Tatsuo Nakamura, Compact forceps manipulator with a spherical-coordinate linear and circular telescopic rail mechanism for endoscopic surgery, 31st International Congress on Computer Assisted Radiology and Surgery (CARS2017), Barcelona, Spain, June 20-24, 2017, International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery, 2017(OnlineFirst)

T. Yamaguchi, T. Sugino, R. Nakamura, Laparoscopic training system with quantitative skill assessment and instruction module based on trajectory analysis of surgical instruments, 31st International Congress on Computer Assisted Radiology and Surgery (CARS2017), Barcelona, Spain, June 20-24, 2017, International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery, 12(suppl):S131-132, June 2017

N. Fukatsu, S. Aoki, T. Yamaguchi, M. Uemura, M. Hashizume, R. Nakamura, Quantitative evaluation of intestinal suture training process using forceps movement measurement from video by image processing, 31st International Congress on Computer Assisted Radiology and Surgery (CARS2017), Barcelona, Spain, June 20-24, 2017, International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery, 12(suppl):S129-130, June 2017

Hiroshi Kawahira, Ayano Toriumi, Yui Uema, Ryoichi Nakamura, ARCHELIS, A NEW SURGICAL WEARABLE CHAIR WITHOUT ELECTRICAL EQUIPMENTS, Annual meeting of Society of American Gastrointestinal and Endoscopic Surgeons (SAGES2017), Houston, TX, USA, Mar 22-25, 2017, ETP721


2016年

M. Kontto, R. Nakamura,Endoscope image based tracking for water-filled laparo-endoscopic surgery (WAFLES), 6th International Symposium on InfoComm & Mechatronics Technology in Bio-Medical & Healthcare Application (IS 3T-in-3A), Singapore, October 23-26, 2016

M. Takebayashi, Y. Yamamoto, R. Nakamura, A Myocardium Sheet Transplantation Robot System with Cell Sheet Scooping Mechanism and Heart Surface Motion Synchronization based on the Image, The 30th International Congress on Computer Assisted Radiology and Surgery (CARS2016), Heidelberg, Germany, June 21-25, 2016, International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery, 11(suppl):S235-6, June 2016

H. Nakata, R. Nakamura, Organ Motion Tracking System for Laser Surgical Robot System in Water-Filled Laparo-Endoscopic Surgery, The 30th International Congress on Computer Assisted Radiology and Surgery (CARS2016), Heidelberg, Germany, June 21-25, 2016, International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery, 11(suppl):S238-9, June 2016

T. Yamaguchi, K. Suzuki, T. Sugino, R. Nakamura, Development of a visualization and quantitative assessment system of laparoscopic surgery skill based on trajectory analysis from USB camera image, The 30th International Congress on Computer Assisted Radiology and Surgery (CARS2016), Heidelberg, Germany, June 21-25, 2016, International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery, 11(suppl):S254-6, June 2016


2015年

Mizuki Takebayashi, Yuki Yamamoto, Ryoichi Nakamura, A Surgical Robot with Cell Sheet Scooping Mechanism and Heart-Surface-Motion Synchronization Control for Myoblast Cell Sheet Transplantation - Development of a Robot Transplantation Mechanism-, 2015 International Symposium on Info Comm and Media Technology in Bio-Medical and Healthcare Application(IS-3T-in-3A), Chiba, Japan, Nov.15-18, 2015, p85

Hiroyuki Nakata, Ryoichi Nakamura, Organ Motion Tracking System for Laser Surgical Robot System in Water-Filled Laparo-Endoscopic Surgery -Development and Evaluation of Organ Motion Measurement System-, 2015 International Symposium on Info Comm and Media Technology in Bio-Medical and Healthcare Application(IS-3T-in-3A), Chiba, Japan, Nov.15-18, 2015, p82

Tomoko Yamaguchi, Takaaki Sugino, Hiroshi Kawahira, Ryoichi Nakamura, Proposal and evaluation of surgical process analysis based on left handwork information in laparoscopic surgery using surgical navigation system, The 11th Asian Conference on Computer Aided Surgery, Singapore, 9-11 July, 2015, ID15

T. Sugino, H. Kawahira, R. Nakamura, Surgical task evaluation by an operational region analysis during laparoscopic cholecystectomy using navigation system information, The 29th International Congress on Computer Assisted Radiology and Surgery (CARS2015), Barcelona, Spain, June 24-27, 2015, International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery, 10(suppl):S115-6, June 2015

T.D. Pham, T. Igarashi, R. Nakamura,Surgical navigation system with fusing visualization of 3D ultrasound and CT image for water-filled laparo-endoscopic surgery, The 29th International Congress on Computer Assisted Radiology and Surgery (CARS2015), Barcelona, Spain, June 24-27, 2015, International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery, 10(suppl):S56-7, June 2015


2014年

Takaaki Sugino, Hiroshi Kawahira, Ryoichi Nakamura, Surgical Workflow Analysis Method for Laparoscopic Surgery Using Navigation Information: Modeling And Visualization of Surgical Process, Fifth Workshop on Modeling and Monitoring of Computer Assisted Interventions (M2CAI2014), Boston, USA, Sept. 14, 2014

T. Sugino, H. Kawahira, R. Nakamura, Approach for modelling surgical processes in laparoscopic surgery based on navigation information, 28th International Congress on Computer Assisted Radiology and Surgery (CARS2014), Fukuoka, Japan, June 25-28, 2014, International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery, 9(suppl):S117-118, June 2014


2013年

Takaaki Sugino, Ryoichi Nakamura, Quantitative Surgical Workflow Analysis and Evaluation of Laparoscopic Surgery Using Surgical Navigation System, The 9th Asian Conference on Computer Aided Surgery (ACCAS2013), Tokyo, September 16-18, 2013, abstract p88-9

Satoki Zenbutsu, Tatsuo Igarashi, Ryoichi Nakamura, Toshiya Nakaguchi, Tadashi Yamaguchi, 3D ultrasound assisted laparoscopic liver surgery by visualization of blood vessels, IEEE international Ultrasonics Symposium 2013, Prague, Czech, 21-25 July, 2013, Proceedings pp.840-843

Kangyi Xu, Ryoichi Nakamura, A surgical robot with a heart-surface-motion synchronization mechanism for myoblast cell sheet transplantation, The 35th Annual International Conference of the Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC2013), Osaka, July 3-7, 2013, Proceedings pp.5690-5693

D. Hagihara, T. Takahashi, I. Sato, R. Nakamura, 3D Heart Surface Motion Measurement System Using Template Matching Method for Myocardial Cell Sheet Implantation, 27th International Congress on Computer Assisted Radiology and Surgery (CARS2013), Heidelberg, Germany, June 26-29, 2013, Int J of CARS, 8(suppl1):S116-117, 2013

T. Sugino, H. Kawahira, R. Nakamura, Surgical workflow analysis during laparoscopic cholecystectomy using surgical navigation system as a record medium, 27th International Congress on Computer Assisted Radiology and Surgery (CARS2013), Heidelberg, Germany, June 26-29, 2013, Int J of CARS, 8(suppl1):S173-174, 2013

Takahiro Abe, Ryoichi Nakamura, Two-way LITE mechanism: least-incision transformable end-effector (LITE) mechanism for two size graspers on endoscopic forceps, The First CIRP Conference on Biomanufacturing (CIRP-BioM 2013), Tokyo, March 4-6, 2013, Procedia CIRP Volume 5, 2013, Pages 137-140


2012年

Ryo Otsuka, Ikuma Sato, Ryoichi Nakamura, GPU based real-time surgical navigation system with three-dimensional ultrasound imaging for water-filled laparo-endoscope surgery, The 34th Annual International Conference of the Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC2012), San Diego, Aug. 28-Sept. 1, 2012, Proceedings pp.2800-2803

I. Sato, R. Nakamura, Real-time 3D ultrasound surgical navigation system showing high position accuracy for moving targets, 26th International Congress on Computer Assisted Radiology and Surgery (CARS2012), Pisa, Italy, June 27-30, 2012, Int J of CARS, 7(suppl1):S156-8, 2012

D. Hagihara, I. Sato, R. Nakamura, Tracking of heart surface motion for myocardial cell sheet implantation, 26th International Congress on Computer Assisted Radiology and Surgery (CARS2012), Pisa, Italy, June 27-30, 2012, Int J of CARS, 7(suppl1):S386-7, 2012

T. Abe, H. Nakaji, R. Nakamura, Development of bending mechanism for forceps with least-incision transformable end-effector mechanism for endoscopic surgery, 26th International Congress on Computer Assisted Radiology and Surgery (CARS2012), Pisa, Italy, June 27-30, 2012, Int J of CARS, 7(suppl1):S392-3, 2012

Y. Honda, H. Kawahira, I. Sato, R. Nakamura, Evaluation of surgical navigation system with “distance sensation” for laparoscopic surgery, 26th International Congress on Computer Assisted Radiology and Surgery (CARS2012), Pisa, Italy, June 27-30, 2012, Int J of CARS, 7(suppl1):S447-9, 2012

T. Abe, H. Nakaji, and R. Nakamura, Development of the Bending Mechanism for Forceps with Least-Incision Transformable End-Effector Mechanism for Endoscopic Surgery: Development of the Operating Interface and In Vivo Experiment, IEEE International Conference on Biomedical Robotics and Biomechatronics (BioRob2012), Rome, Italy, June 24-27, 2012, Proceedings p.919-923

R. Nakamura, T. Aizawa, Y. Muragaki, T. Maruyama and H. Iseki, Method for End Time Prediction of Brain Tumor Resections Using Analysis of Surgical Navigation Information and Tumor Size Characteristics, 2012 the World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering (WC2012), Beijing, China, May26-31, 2012, IFMBE Proceedings 39, pp.1452-1455, 2012

Takaaki Sugino, Hiroshi Kawahira, Tomoaki Aizawa, Ryoichi Nakamura, Analysis of the Surgical Workflow during Laparoscopic Cholecystectomy using Surgical Navigation Information, The 8th Asian Conference on Computer Aided Surgery, Beijing, China, May27-28, 2012


2011年

Tomoaki Aizawa, Ryoichi Nakamura, Takashi Maruyama, Yoshihiro Muragaki, Hiroshi Iseki, Method to estimate the end time of brain tumor resection by using surgical navigation information, 25th International Congress on Computer Assisted Radiology and Surgery (CARS2011), Berlin, Germany, June 22-25, 2011, Int J of CARS, 6(suppl1):S141-2, 2011

Hiroaki Nakaji, Ryoichi Nakamura, Miniturization of least-incision transformable end-effector mechanism for forceps for endoscopic surgery, 25th International Congress on Computer Assisted Radiology and Surgery (CARS2011), Berlin, Germany, June 22-25, 2011, Int J of CARS, 6(suppl1):S241-2, 2011


2010年

Tomoaki Aizawa, Ryoichi Nakamura, Yoshihiro Muragaki, Takashi Maruyama, Masahiko Tanaka, Hiroshi Iseki, Process progress analysis method using surgical navigation information in glioma surgery, The 6th Asian Conference on Computer Aided Surgery, Busan, Korea, Nov. 26-27, 2010

Hiroaki Nakaji, Ryoichi Nakamura, Least-Incision Transformable End-Effector Mechanism for Forceps for Endoscopic Surgery, Proc. of 5th International Workshop on Medical Imaging and Augmented Reality MIAR2010, beijing, China, Sept. 19-20, 2010, Lecture Note in Computer Science 6326:276-285, 2010

Ryoichi Nakamura, Tomoaki Aizawa, Yoshihiro Muragaki, Takashi Maruyama, Masahiko Tanaka, Hiroshi Iseki, Intraoperative analysis of task progress and performance of glioma surgery using navigation information, 24th International Congress on Computer Assisted Radiology and Surgery (CARS2010), Geneva, Switzerland, June 23-26, 2010, Int J of CARS, 5(suppl1):S405-6, 2010


2009年

Kentaro Nakajima, Kiyoshi Naemura, Ryoichi Nakamura, Tatsuya Shimizu, Teruo Okano, Preliminary study for transplantation-assist device of the myocardial cell sheets with hydrogel, The World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering WC2009, Munich, Germany, Sept 7-12, 2009

Takizawa K, Omori S, Harada H, Nakamura R, Muragaki Y, Iseki H., A feasibility study on image-based control of surgical robot using a 60-GHz wireless communication system, The 31st Annual International Conference of the Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC2009), Minneapolis, Minnesota, Sept. 2-6, 2009, Conf Proc IEEE Eng Med Biol Soc. 2009; 2009:6255-8.

Ryoichi Nakamura, Gontaro Kitazumi, Ryoko Tanabe, Yasumasa Katsuike, Masamitsu Sudo, Takashi Mochizuki, Toshio Chiba, Real-time Updated Navigation System with 4D Ultrasound Imaging for Endoscopic Fetal Surgery, The 5th Asian Conference on Computer Aided Surgery (ACCAS2009), Chang Bin, Taiwan, July 3-4, 2009, abstract pp.109 (Best oral presentation of the conference)

Hiroshi Iseki, Yoshihiro Muragaki, Takashi Suzuki, Kitaro Yoshimitsu, Ryoichi Nakamura, Computer Aided Surgery in neurosurgical field, The 5th Asian Conference on Computer Aided Surgery (ACCAS2009), Chang Bin, Taiwan, July 3-4, 2009, abstract pp.107

Hiroshi Iseki, Yoshihiro Muragaki, Takashi Suzuki, Kitaro Yoshimitsu, Ryoichi Nakamura, Ichiro Sakuma, Computer aided surgery in neurosurgical field -Image-guided Laser ablation robotic neurosurgery-, France-Japan Research Workshop on Medical and Surgical Robotics, Tokyo, May10-11, 2009, Abstracts pp12


back to top



論文
著書
講演
国際学会発表
国内学会発表
受賞・助成等
特許
メディア掲載・紹介記事等
その他活動等(研究・教育広報)

国内学会発表

2018年

松永佳久,五十嵐辰男,中村亮一,小切開創手術における効率的な術野確保に向けた形状記憶型開創器の開発,第31回日本内視鏡外科学会総会,福岡,12月6-8日,2018,日本内視鏡外科学会雑誌,23(7):OS34-1,2018

青木聖文,杉野貴明,久保木章仁,鴻信義,中村亮一,内視鏡下副鼻腔手術における時系列工程解析による評価システムの開発,第31回日本内視鏡外科学会総会,福岡,12月6-8日,2018,日本内視鏡外科学会雑誌,23(7):OS71-4,2018

中村亮一,高鶴蒙,鴻信義,明暗変化量を用いた内視鏡下鼻副鼻腔手術シミュレータでの内視鏡操作技能評価,第27回日本コンピュータ外科学会大会,奈良,11月9日?11日,2018,日本コンピュータ外科学会誌,20(4):276,2018

澤野悠一郎,鴻信義,中村亮一,画像誘導下内視鏡下鼻副鼻腔手術における光学式術具マーカの最適化,第27回日本コンピュータ外科学会大会,奈良,11月9日?11日,2018,日本コンピュータ外科学会誌,20(4):350,2018

福田康平,川節拓実,石原尚,堀井隆斗,中村亮一,川平洋,浅田稔,腹腔鏡手術手技評価のための縫合結紮トレーニングパッドの三軸力覚センサ化,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2018(ROBOMECH2018),北九州,福岡,6月2-5日,2018,1P2-C05

関根瑠美,久保木章仁,加納康太郎,光吉亮人,倉島彩子,高石慎也,森恵莉,浅香大也,飯村慈朗,小島博己,鴻信義,中村亮一,医療画像処理技術を用いた内視鏡下鼻副鼻腔手術における客観的な手術技術評価システムの開発,第119回日本耳鼻咽喉科学会総会学術講演会,横浜,5月30日-6月2日,2018


2017年

林亮太、中村亮一,安全なロボット手術のための弾性リトラクタを用いた臓器圧排力計測手法の検討,第30回日本内視鏡外科学会総会,京都,12月7-9日,2017,SF078-02

山本将志、杉野貴明、本多理、久保木章仁、鴻信義、中村亮一,内視鏡下副鼻腔手術におけるナビゲーション情報を用いた定量的な術具操作技量評価,第30回日本内視鏡外科学会総会,京都,12月7-9日,2017,SF121-01

山口智子、鴻信義、中村亮一,手技の定量評価と評価フィードバック機構を備えた内視鏡下手術教育支援システムの開発,第30回日本内視鏡外科学会総会,京都,12月7-9日,2017,SF121-03

青木聖文、深津尚希、山口智子、植村宗則、橋爪誠、中村亮一,内視鏡下腸管縫合訓練手技の時系列工程解析による定量評価,第30回日本内視鏡外科学会総会,京都,12月7-9日,2017,SF121-04

深津尚希、青木聖文、山口智子、植村宗則、橋爪誠、中村亮一映像からの術具運動解析による腸管縫合手技の定量評価~ JSES縫合結紮王決定戦2016手技データ解析報告~,第30回日本内視鏡外科学会総会,京都,12月7-9日,2017,SF121-05

松永佳久、石井琢郎、中村亮一、五十嵐辰男人工腹水灌流下ミニマム創内視鏡下手術における体腔外設置型水槽の開発,第30回日本内視鏡外科学会総会,京都,12月7-9日,2017,EP127-06(e-Poster)

川平洋、中村亮一、大城崇司、吉田豊、瓜田祐、高木隆一、北原知晃、川満健太郎、門屋健吾、鍋倉大樹、田波未佳、長島誠、岡住慎一、加藤良二,外科医用ウェアラブル機器による内視鏡外科医への身体的影響,第30回日本内視鏡外科学会総会,京都,12月7-9日,2017,EP149-03(e-Poster)

植村宗則、笠間和典、関洋介、松岡紀之、長尾吉泰、赤星朋比古、富川盛雅、橋爪誠,外科医の心を惹きつける客観評価縫合シミュレータの開発,第30回日本内視鏡外科学会総会,京都,12月7-9日,2017,教WS-5

Mika Kontto,中村亮一,水中手術(WaFLES)における組織変形追従のための局所特徴量抽出アルゴリズムの構築,第26回日本コンピュータ外科学会大会,名古屋,10月28-30日,2017,日本コンピュータ外科学会誌,19(4):273,2017

山口智子,鴻信義,中村亮一,手技の定量評価に基づく評価とフィードバックが可能な内視鏡下手術手技習熟支援システムの開発,第26回日本コンピュータ外科学会大会,名古屋,10月28-30日,2017,日本コンピュータ外科学会誌,19(4):292,2017

山本将志,杉野貴明,本田理,久保木章仁,鴻信義,中村亮一,ナビゲーション情報を用いた内視鏡下副鼻腔手術における時系列的な術具操作特徴の解析,第26回日本コンピュータ外科学会大会,名古屋,10月28-30日,2017,日本コンピュータ外科学会誌,19(4):337,2017

松永佳久,五十嵐辰男,中村亮一,等張液灌流式腹腔鏡下手術における体腔外設置型水槽の開発,第26回日本コンピュータ外科学会大会,名古屋,10月28-30日,2017,日本コンピュータ外科学会誌,19(4):372,2017


2016年

山口智子、杉野貴明、中村亮一,客観的技量評価とそれに基づいた教育システムを備えた内視鏡外科手術トレーニングシステムの開発,第29回日本内視鏡外科学会総会 ワークショップ24「内視鏡外科手術の教育」,横浜,12月8-10日,2016,WS24-7

山本将志、杉野貴明、久保木章仁、中山次久、鴻信義、中村亮一,内視鏡下副鼻腔手術におけるナビゲーション情報を用いた手技評価法,第29回日本内視鏡外科学会総会,横浜,12月8-10日,2016,OS193-5

石田稔、中村亮一、川平洋,医工学系学科教職員学生が安全に動物実験を行うための医療機器取扱講習会における理解度と意識調査,第29回日本内視鏡外科学会総会,横浜,12月8-10日,2016,OS213-4

深津尚希、青木聖文、山口智子、植村宗則、橋爪誠、中村亮一,映像からの鉗子運動自動計測による腸管縫合訓練手技の定量評価,第29回日本内視鏡外科学会総会,横浜,12月8-10日,2016,OS213-5

川平洋、中村亮一、下村義弘、羽成直行、郡司久、松原久裕,精緻な内視鏡外科手術を支援する医療用ウェアラブル機器開発,第29回日本内視鏡外科学会総会,横浜,12月8-10日,2016,OS214-4

深津尚希,青木聖文,山口智子,植村宗則,橋爪誠,中村亮一,トレーニング映像からの画像処理を用いた鉗子運動解析に基づく定量的な腸管縫合手技評価システムの開発,第25回日本コンピュータ外科学会大会,東京,11月26-27日,2016,日本コンピュータ外科学会誌,18(4):300,2016

山口智子,杉野貴明,中村亮一,内視鏡下手術トレーニングにおける技術評価及び教育システムの開発,~術具運動計測による定量的手技評価手法と効果的な教授法の検討~,第25回日本コンピュータ外科学会大会,東京,11月26-27日,2016,日本コンピュータ外科学会誌,18(4):299,2016

山本将志,杉野貴明,嶋田優斗,久保木章仁,中山次久,鴻信義,中村亮一,手術ナビゲーションシステムを用いた内視鏡下副鼻腔手術における内視鏡及び鉗子操作の定量分析,第25回日本コンピュータ外科学会大会,東京,11月26-27日,2016,日本コンピュータ外科学会誌,18(4):281,2016

本多理,杉野貴明,鴻信義,久保木章仁,中村亮一,手術ナビゲーション情報に基づく内視鏡下鼻内副鼻腔手術の手技技能解析,日本生体医工学会関東支部若手研究者発表会2016,埼玉,11月19日,2016,p12

中村亮一,山本優希,Pham Duc Tai,中田浩之,五十嵐辰男,診断機器情報を活用した術中動態対応型手術支援技術,LIFE2016(第32回ライフサポート学会大会,第16回日本生活支援工学会大会,日本機械学会 福祉工学シンポジウム2016 連合大会)オーガナイズドセッション17:感覚と運動のアシスト技術(1/2),仙台,9月4-6日,2016,2A1-E05

上間由,中村亮一,川平洋,立位外科手術時の身体負担を軽減する装着型下肢支持装置の開発,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2016(ROBOMECH2016),横浜,6月8-10日,2016,1A2-01b4

中田浩之,中村亮一,等張液灌流式腹腔鏡下手術のための臓器運動追従型レーザ手術ロボットシステムの開発 ‐ 水中運動物体に対するレーザ照射精度の評価‐,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2016(ROBOMECH2016),横浜,6月8-10日,2016,1A2-02b5


2015年

西本航,中島諒太,川平洋,下村義弘,中村亮一,伊藤雅昭,西澤祐吏,松原久裕,術者の膝部を支え下肢を保持する新規手術用イスの開発,第28回日本内視鏡外科学会総会,大阪,12月10-12日,2015,日本内視鏡外科学会雑誌,20(7):OS50-1, 2015

中島諒太,川平洋,下村義弘,青木圭,中村亮一,斎藤武,郡司久,森千里,松原久裕,外骨格型手術支援スーツを用いた動物実験での有効性検討,第28回日本内視鏡外科学会総会,大阪,12月10-12日,2015,日本内視鏡外科学会雑誌,20(7):OS50-2, 2015

川平洋,羽成直行,郡司久,中村亮一,林秀樹,松原久裕,可搬型練習キット併用による複数開催型ハンズオンセミナーの現状,第28回日本内視鏡外科学会総会,大阪,12月10-12日,2015,日本内視鏡外科学会雑誌,20(7):PD2-5, 2015

杉野貴明,久保木章仁,中山次久,山口智子,鴻信義,中村亮一,手術ナビゲーション情報を用いた手技定量評価手法:内視鏡下副鼻腔手術への応用,第28回日本内視鏡外科学会総会,大阪,12月10-12日,2015,日本内視鏡外科学会雑誌,20(7):OS52-2, 2015

山口智子,深津尚希,杉野貴明,中村亮一,橋爪誠,植村宗則,カメラ映像分析での鉗子運動計測をもちいた定量的な腸管縫合訓練評価,第28回日本内視鏡外科学会総会,大阪,12月10-12日,2015,日本内視鏡外科学会雑誌,20(7):OS87-1, 2015

ファムドゥクタイ,五十嵐辰男,中村亮一,人工腹水灌流下手術(WaFLES)における術中3D超音波画像とCT画像の統合表示を利用したナビゲーションの構築,第28回日本内視鏡外科学会総会,大阪,12月10-12日,2015,日本内視鏡外科学会雑誌,20(7):OS251-2, 2015

山本優希,中村亮一,映像情報に基づくヘラ型移植機構搭載心表面同期型心筋シート移植ロボットシステムの開発,第24回日本コンピュータ外科学会大会,東京,2015年11月21-23日,日本コンピュータ外科学会誌,17(3):224,2015

杉野貴明,久保木章仁,中山次久,大村和弘,浅香大也,山口智子,小島博巳,鴻信義,中村亮一,内視鏡下副鼻腔手術における定量的手術技能分析法の開発 ~ナビゲーション情報を用いた内視鏡操作の定量分析~,第24回日本コンピュータ外科学会大会,東京,2015年11月21-23日,日本コンピュータ外科学会誌,17(3):237-8,2015

宮本寛之,中村亮一,手術用水圧駆動フィルムバルーン型柔軟アクチュエータの開発,第24回日本コンピュータ外科学会大会,東京,2015年11月21-23日,日本コンピュータ外科学会誌,17(3):291,2015

竹林瑞基、山本優希、中村亮一,ヘラ型移植機構を搭載した心表面運動同期型心筋シート移植ロボットシステムの開発 第 1 報 ロボット移植機構の開発,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2015(ROBOMECH2015),京都,5月17-19日,2015,1A1-F08

山本優希、竹林瑞基、中村亮一,ヘラ型移植機構を搭載した心表面同期型心筋シート移植ロボットシステムの開発 第 2 報 脚部を含めたロボットシステムの評価,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2015(ROBOMECH2015),京都,5月17-19日,2015,1A1-D07

林優希、五十嵐辰男、中村亮一,等張液灌流式腹腔鏡下手術用 3 次元空間確保リトラクタの開発,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2015(ROBOMECH2015),京都,5月17-19日,2015,1A1-F10

中田浩之、中村亮一、五十嵐辰男,等張液灌流式腹腔鏡下手術のための臓器運動追従型レーザ手術ロボットシステムの開発,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2015(ROBOMECH2015),京都,5月17-19日,2015,1A1-D05


2014年

伊藤夏織,五十嵐辰男,中村亮一,人工腹水灌流下手術(WaFLES)ナビゲーションにおけるリアルタイムデータ重畳表示法の開発,日本生体医工学会関東支部若手研究者発表会2014,東京,11月22日,2014,抄録集p12

山本優希,中村亮一,超低侵襲腹腔鏡下手術を実現するφ3mm先端変形/成形式鉗子の開発と評価,第23回日本コンピュータ外科学会大会,大阪,11月8-9日,2014,日本コンピュータ外科学会誌,16(3):278-279,2014

西本航,中島諒太,川平洋,下村義弘,中村亮一,伊藤雅昭,西澤裕吏,松原久裕,産学/ 医工連携で実現する術者下肢を保持する新規手術用イスの開発プラン,第27回日本内視鏡外科学会総会,盛岡,10月2~4日,2014

中島諒太,川平洋,下村義弘,西本航,中村亮一,斉藤武,郡司久,松原久裕,内視鏡外科手術における術者上肢の負担計測と機器開発の展望,第27回日本内視鏡外科学会総会,盛岡,10月2~4日,2014

鈴木啓太,杉野貴明,中村亮一,内視鏡下手術トレーニングの定量的効果測定のための鉗子動線解析による手技特徴検出,第27回日本内視鏡外科学会総会 シンポジウム「内視鏡外科手術のトレーニングを科学する」,盛岡,10月2~4日,2014

伊藤夏織,五十嵐辰男,中村亮一,人工腹水灌流下手術(WaFLES)における術中3D超音波を利用した血管モデル重畳ナビゲーションの構築,第27回日本内視鏡外科学会総会 スポンサードシンポジウム「水中手術~体腔内外灌還流下治療の実現へのアプローチ」,盛岡,10月2~4日,2014

杉野貴明,川平洋,中村亮一,内視鏡下手術の手技習熟支援に向けた手術ナビゲーション情報ベースの定量的作業解析法,第27回日本内視鏡外科学会総会,盛岡,10月2~4日,2014

川平洋,林秀樹,羽成直行,郡司久,中村亮一,田邊政裕,松原久裕,産学連携で実現した内視鏡外科手術トレーニング用携行型ドライボックスの開発,第27回日本内視鏡外科学会総会,盛岡,10月2~4日,2014

鈴木啓太,杉野貴明,中村亮一,内視鏡下手術トレーニングの定量評価に向けたビデオ映像による鉗子動線解析,第53回日本生体医工学会大会,仙台,2014年6月24日~26日,生体医工学,52(suppl.1):160,2014

伊藤夏織,中村亮一,術中3D超音波からの領域拡張法を用いたリアルタイム血管モデル重畳ナビゲーションシステムの開発,第53回日本生体医工学会大会,仙台,2014年6月24日~26日,生体医工学,52(suppl.1):165,2014

Pham Duc Tai,中村亮一,等張液充填式腹腔鏡下手術用ナビゲーションシステムにおける3D超音波画像と3DCT画像の統合表示,第53回日本生体医工学会大会,仙台,2014年6月24日~26日,生体医工学,52(suppl.1):166,2014

苗村潔,安田知史,福嶋勇太,中村亮一,清水達也,岡野光夫,細胞シート支持体の着脱を空気圧で制御する移植支援デバイスの手術室内での移送に関する評価,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2014 (ROBOMEC2014),富山,5月26日-28日,2014

中村亮一,吉村拓司,等張液充填式腹腔鏡下手術での超音波撮像と圧排力計測を実現する弾性リトラクタの開発,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2014 (ROBOMEC2014),富山,5月26日-28日,2014

山本優希,中村亮一,手術ロボットへの搭載機能を有する腹腔鏡下手術用2-way LITE 鉗子の開発,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2014 (ROBOMEC2014),富山,5月26日-28日,2014


2013年

杉野貴明,川平洋,中村亮一,ナビゲーション装置を応用した内視鏡下手術の手術工程解析による定量的作業評価手法の開発,第26回日本内視鏡外科学会総会,福岡,11月28-30日,2013,日本内視鏡外科学会雑誌,18(7):539,2013

川平洋,林秀樹,羽成直行,郡司久,中村亮一,森幹人,堀部大輔,井上雅仁,田邊正裕,松原久裕,医工および産学連携で構築する教習所型プログラム方式鏡視下手術トレーニングの試み,第26回日本内視鏡外科学会総会,福岡,11月28-30日,2013,日本内視鏡外科学会雑誌,18(7):538,2013

吉村拓司,中村亮一,等張液充填式腹腔鏡下手術のための超音波撮像対応弾性リトラクタの開発,第22回日本コンピュータ外科学会大会,東京,9月14-16日,2013,日本コンピュータ外科学会誌,15(2):188-9,2013

徐康伊,中村亮一,フーリエ心臓モデルによる心表面運動予測を用いた心筋シート移植ロボットシステムの開発,第22回日本コンピュータ外科学会大会,東京,9月14-16日,2013,日本コンピュータ外科学会誌,15(2):172-3,2013

羽石秀昭,山口匡,中村亮一,菅幹生,中口俊哉,川平洋,大西峻,体幹部臓器の高精度低侵襲治療を支援する画像技術,電子情報通信学会医用画像研究会,千葉,9月13日,2013,信学技報, vol. 113, no. 219, MI2013-43, pp. 31-34, 2013年9月 (特別講演)

前佛聡樹, 五十嵐辰男, 中村亮一, 中口俊哉, 山口匡,Wafles下における三次元超音波像を用いた手術支援システムの開発,日本医用画像工学会大会(JAMIT2013)),東京,8月3日,2013 OP9-5

小熊諒, 中口俊哉, 中村亮一, 山口匡, 川平洋, 羽石秀昭,術中超音波プローブの屈曲角検出による内視鏡-超音波画像重畳システム,日本医用画像工学会大会(JAMIT2013),東京,8月3日,2013 OP6-1

小熊諒, 中口俊哉, 中村亮一, 山口匡, 羽石秀昭,内視鏡-超音波画像重畳システムのためのプローブ屈曲角度検出法,電子情報通信学会医用画像研究会,東京,5月27日,2013,電子情報通信学会技術報告,vol.113, no.68, US2013-11, pp.19-22,2013

徐康伊,中村亮一,心筋シート移植のための心表面運動同期機能を有したロボットシステムの開発,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2013 (ROBOMEC2013),つくば,5月22日-25日,2013

吉村拓司,中村亮一,等張液充填式腹腔鏡下手術での超音波撮像に対応したリトラクタの開発,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2013 (ROBOMEC2013),つくば,5月22日-25日,2013

本多有芽,中村亮一,術具位置記録を用いた手術ナビゲーションシステムの効用・影響に対する客観的評価手法の開発,日本生体医工学会専門別研究会 第5回医療機器に関するレギュラトリーサイエンス研究会,東京,3月2日,2013,抄録集p9


2012年

中村亮一,大塚亮,杉野貴明,本多有芽,川平洋,中村亮一,子宮内及び等張液充填環境における革新的情報誘導内視鏡外科の創成 - WaFLES技術による高速3Dリアルタイムナビゲーションと手術工程分析 -,オーガナイズドセッション「実学としての医工融合研究と医工ものづくりシステム」,第13回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2012),福岡,12月18-20日,2012

杉野貴明,中村亮一,川平洋,手術ナビゲーションを作業記録装置として利用した腹腔鏡下胆嚢摘出術の手術工程解析法の提案と評価,第25回日本内視鏡外科学会総会,横浜,12月6-8日,2012,日本内視鏡外科学会雑誌 17(7):734, 2012

阿部貴大,川平洋,中路景暁,中村亮一,先端変形・成形式エンドエフェクタ機構による高機能細径内視鏡下手術用術具の開発,第25回日本内視鏡外科学会総会,横浜,12月6-8日,2012,日本内視鏡外科学会雑誌 17(7):587, 2012

中村亮一,杉野貴明,本多有芽,相沢知明,村垣善浩,川平洋,匠の技の定量化:ナビゲーション医療機器の手術環境評価への可能性,第21回日本コンピュータ外科学会 シンポジウム「匠の技と先端技術の融合-医工連携の問題点-」,徳島,11月2-4日,2012,日本コンピュータ外科学会誌,14(3):182-3,2012

高橋徹,萩原大輔,中村亮一,心筋シート移植治療ロボットのための内視鏡映像を用いた心筋表面運動解析,第21回日本コンピュータ外科学会,徳島,11月2-4日,2012,日本コンピュータ外科学会誌,14(3):212-3,2012

大塚亮,佐藤生馬,中村亮一,術中3D超音波とGPGPUを用いた内視鏡下手術用リアルタイムオーバーレイナビゲーションシステムの開発,第21回日本コンピュータ外科学会,徳島,11月2-4日,2012,日本コンピュータ外科学会誌,14(3):226-7,2012

安田知史,福嶋勇太,苗村潔,中村亮一,菊池鉄太郎,水谷学,清水達也,岡野光夫,細胞シート移植支援デバイスとハイドロゲルの接触面の設計,第21回日本コンピュータ外科学会,徳島,11月2-4日,2012,日本コンピュータ外科学会誌,14(3):258-9,2012

杉野貴明,川平洋,中村亮一,手術ナビゲーションシステムを記録媒体として用いた腹腔鏡下胆嚢摘出術の工程解析法,第21回日本コンピュータ外科学会,徳島,11月2-4日,2012,日本コンピュータ外科学会誌,14(3):398-9,2012

大塚亮,志村洋輔,鈴木孝司,佐藤生馬,中村亮一,オクル-ジョンを考慮した複数カメラによる手術室内人員動線計測,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2012 (ROBOMEC2012),浜松,5月27-29日,2012

萩原大輔,高橋徹,佐藤生馬,中村亮一,心筋シート移植ロボットのための心表面3 次元運動計測システムの開発,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2012(ROBOMEC2012),浜松,5月27-29日,2012

阿部貴大,中路景暁,中村亮一,内視鏡下手術における先端変形・成形式鉗子の屈曲機構の開発 ―In vivo 実験―,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2012 (ROBOMEC2012),浜松,5月27-29日,2012

高橋徹,萩原大輔,佐藤生馬,中村亮一,心筋シート移植手術ロボットのための内視鏡映像を用いた心表面運動解析,第51回日本生体医工学会大会,福岡,5月10日-5月12日,2012,生体医工学 50(Supple1):172,2012

杉野貴明,川平洋,相沢知明,中村亮一,ナビゲーション情報を利用した手術工程解析:腹腔鏡下胆嚢摘出術への応用,第51回日本生体医工学会大会,福岡,5月10日-5月12日,2012,生体医工学 50(Supple1):175,2012


2011年

萩原大輔,佐藤生馬,中村亮一,心筋シート移植治療のための心表面 3 次元運動計測システムの開発,第20回日本コンピュータ外科学会大会,横浜,11月22-24日,2011,日本コンピュータ外科学会誌 13(3):208-9,2011

相沢知明,中村亮一,村垣善浩,丸山隆志,伊関 洋,画像誘導下脳腫瘍摘出術における手術進捗工程解析 -推定標準作業時間を応用した手術進行予測と術中イベント自動検出法-,第20回日本コンピュータ外科学会大会,横浜,11月22-24日,2011,日本コンピュータ外科学会誌 13(3):262-3,2011

本多有芽,佐藤生馬 ,中村亮一,腹腔鏡下手術における近接覚手術ナビゲーションシステムの有効性の評価,第20回日本コンピュータ外科学会大会,横浜,11月22-24日,2011,日本コンピュータ外科学会誌 13(3):280-1,2011

中路景暁,中村亮一,先端変形・成形式エンドエフェクタ機構の開発 第 2 報 -φ5mm 機構の開発・鉗子実装と機能評価-,第20回日本コンピュータ外科学会大会,横浜,11月22-24日,2011,日本コンピュータ外科学会誌 13(3):296-7,2011

阿部貴大,中路景暁,中村亮一,内視鏡下手術における先端変形・成形式鉗子の屈曲機構の開発,第20回日本コンピュータ外科学会大会,横浜,11月22-24日,2011,日本コンピュータ外科学会誌 13(3):302-3,2011

大塚 亮,鈴木孝司,佐藤生馬,中村亮一,複数カメラを用いたステレオ,計測による手術室内人員動線分析システムの臨床データを用いた評価,第20回日本コンピュータ外科学会大会,横浜,11月22-24日,2011,日本コンピュータ外科学会誌 13(3):388-9,2011

植松美幸,坂本 怜,市橋琢弥,梅津光生,松岡厚子,青見茂之,飯村 浩,中村亮一,鈴木孝司,村垣善浩,伊関 洋,大血管手術用 TAAA Navigator の構築と臨床に向けた評価,第20回日本コンピュータ外科学会大会,横浜,11月22-24日,2011,日本コンピュータ外科学会誌 13(3):404-5,2011

中村亮一,山下紘正,長村伸一,須藤政光,田辺良子,北角権太郎,勝池康允,望月剛,千葉敏雄,近傍球探査法を用いた胎児外科支援4Dエコーナビゲーション,第7回3次元超音波研究会抄録集,p. 14,2011年10月1日,東京

佐藤生馬,中村亮一,3次元超音波診断装置を用いたリアルタイムナビゲーションシステムの更新速度及び誘導対象の移動の影響による位置情報精度の評価,生体医工学シンポジウム2011,9月16-17日,2011 講演予稿集 2-5-4(CDROM)

中路景暁,中村亮一,内視鏡下手術用細径鉗子のための先端変形・成形式エンドエフェクタ機構の開発,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2011 (ROBOMEC2011),岡山,5月26-28日,2011,抄録集 p222/論文集 2P2-H07 (CDROM)

中村亮一,大澤千晃,鈴木孝司,佐藤生馬,複数カメラを用いたステレオ計測による手術室内人員動線分析に関する基礎的研究,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2011 (ROBOMEC2011),岡山,5月26-28日,2011,抄録集 p180/論文集 2P1-C07 (CDROM)

萩原大輔,中村亮一,佐藤生馬,重症心不全治療用心筋シート移植ロボットのための心運動計測システムの開発,第50回日本生体医工学会大会,東京,4月29日-5月1日,2011,生体医工学 49(Supple1):90,2011

本多有芽,中村亮一,佐藤生馬,増強近接覚を用いた手術ナビゲーション法の提案と評価,第50回日本生体医工学会大会,東京,4月29日-5月1日,2011,生体医工学 49(Supple1):92,2011

大澤千晃,中村亮一,佐藤生馬,単眼CCDカメラ情報の連結による手術室内人員動線分析システムの開発,第50回日本生体医工学会大会,東京,4月29日-5月1日,2011,生体医工学 49(Supple1):171,2011

早坂容子,坂谷内大祐,苗村潔,中村亮一,清水達也,岡野光夫,心筋細胞シート移植支援デバイスの剥離機構の研究,第50回日本生体医工学会大会,東京,4月29日-5月1日,2011,生体医工学 49(Supple1):178,2011

坂谷内大祐,苗村潔,中村亮一,清水達也,菊池鉄太郎,水谷学,岡野光夫,空気圧によるマニピュレータ機構の細胞シート自動積層装置への応用,第20回ライフサポート学会フロンティア講演会,東京,3月5日,2011,予稿集 p31,2011


2010年

佐藤生馬,中村亮一,正宗賢,オープンMRI 対応低侵襲手術支援用重畳表示ナビゲーションシステム,第11回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2010) オーガナイズドセッション「実学としての医工融合研究と医工ものづくりシステム(2)」,仙台,2010年12月24日

許家群,植松美幸,坂本怜,市橋琢弥,梅津光生,東隆,青見茂之,中村亮一,鈴木孝司,村垣善浩,伊関 洋,大動脈ステントグラフト挿入術を支援する血管輪郭表示システム,第19回日本コンピュータ外科学会大会,福岡,11月2-4日,2010,日本コンピュータ外科学会誌,12(3):248-249,2010

佐藤生馬,上内洋輝,植松美幸,鈴木孝司,中村亮一,正宗 賢,此枝央人,櫻井裕之,村垣善浩,伊関 洋,乳房再建術用オーバーレイ表示ナビゲーションシステムの開発 ~プロトタイプシステムの開発~,第19回日本コンピュータ外科学会大会,福岡,11月2-4日,2010,日本コンピュータ外科学会誌,12(3):262-263,2010

植松美幸,坂本 怜,許 家群,市橋琢弥,梅津光生,青見茂之,中村亮一,鈴木孝司,村垣善浩,伊関 洋,胸腹部領域を対象にしたナビゲーションシステムの臨床応用の現状と課題,第19回日本コンピュータ外科学会大会,福岡,11月2-4日,2010,日本コンピュータ外科学会誌,12(3):268-269,2010

中路景暁,中村亮一,先端変形・成形式エンドエフェクタ機構の開発 ~操作インタフェースの搭載とin vivo 実験による性能評価~,第19回日本コンピュータ外科学会大会,福岡,11月2-4日,2010,日本コンピュータ外科学会誌,12(3):362-363,2010

坂谷内大祐,苗村潔,中村亮一,清水達也,菊池鉄太郎,岡野光夫,空気圧を用いた細胞シートマニピュレータの開発,第19回日本コンピュータ外科学会大会,福岡,11月2-4日,2010,日本コンピュータ外科学会誌,12(3):368-369,2010

関野晃弘,苗村 潔,鈴木孝司,中村亮一,手術ナビゲーションにおける自動レジストレーションの試み,第19回日本コンピュータ外科学会大会,福岡,11月2-4日,2010,日本コンピュータ外科学会誌,12(3):416-417,2010

坂本 怜,植松美幸,許 家群,市橋琢弥,梅津光生,飯村 浩,青見茂之,中村亮一,鈴木孝司,村垣善浩,伊関 洋,標的血管の位置合わせ誤差を軽減するためのレジストレーション法の比較検討,第19回日本コンピュータ外科学会大会,福岡,11月2-4日,2010,日本コンピュータ外科学会誌,12(3):424-425,2010

相沢知明,中村亮一,村垣善浩,丸山隆志,田中雅彦,伊関 洋,術具・腫瘍干渉情報に基づく脳腫瘍摘出術の進捗工程解析,第19回日本コンピュータ外科学会大会,福岡,11月2-4日,2010,日本コンピュータ外科学会誌,12(3):430-431,2010

相沢知明,中村亮一,村垣善浩,丸山隆志,田中雅彦,伊関洋,Progress process analysis method using surgical navigation information in brain tumor resection,第49回日本生体医工学会大会,大阪,6月25-27日,2010,生体医工学 48(Suppl):166,2010

植松美幸,中野喜隆,許家群,坂本怜,梅津光生,青見茂之,中村亮一,鈴木孝司,村垣善浩,伊関洋,An anatomical landmark point-based registration using tissue thickness correction based on Bayesian estimation,第49回日本生体医工学会大会,大阪,6月25-27日,2010,生体医工学 48(Suppl):161,2010

坂本怜,植松美幸,中野喜隆,許家群,梅津光生,飯村浩,青見茂之,中村亮一,鈴木孝司,村垣善浩,伊関洋,Error measurements for tissue thickness on an anatomical landmark point-based registration,第49回日本生体医工学会大会,大阪,6月25-27日,2010,生体医工学 48(Suppl):162,2010

許家群,植松美幸,中野喜隆,坂本怜,梅津光生,東隆,青見茂之,中村亮一,鈴木孝司,村垣善浩,伊関洋,An automatic image segmentation method assisting for endovascular stent-grafting,第49回日本生体医工学会大会,大阪,6月25-27日,2010,生体医工学 48(Suppl):162,2010

中路景暁,中村亮一,内視鏡下手術用鉗子のための先端変形・成形式エンドエフェクタ機構の開発,日本機械学会ロボット・メカトロニクス講演会2010(ROBOMEC2010),旭川,6月13-16日,2010,2A1-C02

中村亮一,北角権太郎,長村伸一,須藤政光,田辺良子,勝池康允,望月剛,千葉敏雄,4D超音波画像を用いた胎児手術用 「近接覚」ナビゲーション,第83回日本超音波医学会学術集会,京都,5月29-31日,2010,超音波医学,37(Supple):S330,2010

坂谷内 大祐,中島 健太郎,苗村 潔,中村 亮一,清水 達也,岡野 光夫,空気圧を用いた細胞シート積層用マニピュレータ,第9回日本再生医療学会総会,広島,2010年3月18-19日,日本再生医療学会雑誌,9(Suppl):183,2010

大森繁,中村亮一,村垣善浩,伊関洋,光ファイバー先端発振型中赤外レーザーと脳外科への応用,第115回微小光学研究会,東京,2010年3月4日,抄録集 p49-54

中野喜隆,植松美幸,鈴木孝司,中村亮一,青見茂之,伊関 洋,梅津光生,胸腹部手術ナビゲーションのための重み付き特徴点レジストレーション,日本機械学会第22回バイオエンジニアリング講演会,岡山,2010年1月9-10日,講演論文集 p131


2009年

中村亮一,術中情報獲得・処理に基づく手術戦略支援システムと医工ものづくり環境,オーガナイズドセッション「実学としての医工融合研究と医工ものづくりシステム」,第10回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2009),12月24-26日,2009,講演論文集 p287-290

高橋慎,坂谷内大祐,中島健太郎,苗村潔,中村亮一,清水達也,岡野光夫,心筋細胞シート移植支援デバイスに用いるゼラチンゲルの粘弾性解析,第18回日本コンピュータ外科学会大会,東京,11月21-23日,2009,日本コンピュータ外科学会誌 11(3):256-257,2009

中島健太郎,苗村潔,中村亮一,清水達也,岡野光夫,心筋への細胞シート移植支援デバイス開発に向けた機構の開発,第18回日本コンピュータ外科学会大会,東京,11月21-23日,2009,日本コンピュータ外科学会誌 11(3):260-261,2009

中島 健太郎,苗村 潔,中村 亮一,清水 達也,岡野 光夫,心筋への細胞シート移植支援デバイスの開発に向けたハイドロゲルの検討, 第7回生活支援工学系学会連合大会,高知,9月24-26日,2009,講演予稿集, p48-49

坂谷内 大祐,苗村 潔,中村 亮一,清水 達也,岡野 光夫,心筋シート移植デバイスの開発に向けた固定用針の先端形状に関する研究, 第7回生活支援工学系学会連合大会,高知,9月24-26日,2009,講演予稿集, p139-140

中村亮一,北角権太郎,田辺良子,須藤政光,長村伸一,勝池康允,望月剛,千葉敏雄, リアルタイム3D超音波診断画像を用いた胎児外科手術ナビゲーションの開発,生体医工学シンポジウム2009, 千葉,9月18-19日,2009,講演予稿集 p244-245,2009

中村亮一,北角権太郎,田辺良子,須藤政光,勝池康允,望月剛,千葉敏雄, 4D超音波データを用いたリアルタイムアップデートナビゲーションシステム,第82回日本超音波医学会学術集会, 東京,5月22-24日,2009,超音波医学,36(Supple):S299,2009

中島健太郎,苗村潔,中村亮一,清水達也,岡野光夫,心臓への細胞シート移植支援デバイスの開発, 第48回日本生体医工学会大会,東京,4月23-25日,2009,生体医工学 47(Suppl):301,2009

伊関洋,村垣善浩,丸山隆志,中村亮一,鈴木孝司,外科医の新しい目・手・脳を創る, 電気情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会(PRMU研究会),東京,2009年1月12日,信学技報, 108(374):107-8,2009


back to top



論文
著書
講演
国際学会発表
国内学会発表
受賞・助成等
特許
メディア掲載・紹介記事等
その他活動等(研究・教育広報)

受賞・助成(学生のみ)等

2018年

日本コンピュータ外科学会2018年度論文賞(工学賞)
「Quantitative Analysis of a Camera Operation for Endoscopic Sinus Surgery Using a Navigation Information : Clinical Study」
Takaaki Sugino, Ryoichi Nakamura, Akihito Kuboki, Osamu Honda, Masashi Yamamoto, Nobuyoshi Ohtori
Journal of Japanese Society of Computer Aided Surgery, 19(1)17-25, 2017

2018年度グッドデザイン賞 グッドフォーカス賞(技術・伝承デザイン)・中小企業庁長官賞
archelis
(株)ニットー,西村拓紀デザイン(株)

千葉大学ベンチャービジネスラボラトリー なのはなコンペ2018
松永佳久
「嚢胞性腎疾患における形態幾何学を用いた新しい病勢診断手法の開発」

平成30年度千葉大学国際交流事業 グローバルプロミネント研究基幹・若手先導人材育成支援プログラム
青木聖文  (国際会議EMBC2018での研究発表に関する渡航助成)
澤野悠一郎 (国際会議EMBC2018での研究発表に関する渡航助成)

平成30年度千葉大学大学院学生等の海外派遣支援プログラム
青木聖文 (国際会議CARS2018での研究発表に関する渡航助成)


2017年

第30回日本内視鏡外科学会総会 Sugical Forum Award(セッション最優秀演題)
映像からの術具運動解析による腸管縫合手技の定量評価~ JSES縫合結紮王決定戦2016手技データ解析報告~(SF121-05)
○深津尚希、青木聖文、山口智子、植村宗則、橋爪誠、中村亮一

Design Intelligence Award DIA Innovation(Global Top 22)
「archelis」
Hiroaki Nishimura Design Inc.

第6回Medtecイノベーション大賞 入賞
医療用ウェアラブルチェア archelis
株式会社ニットー

平成28年度埼玉県医療機器等試作品コンテスト アイデア賞
「手術トレーニング用臓器モデル」
株式会社寿技研

平成28年度千葉大学大学院工学研究科 研究科長賞
杉野貴明

平成28年度千葉大学大学院工学研究科メディカルシステムコース 最優秀論文賞
「内視鏡下手術トレーニングにおける技術評価及び教育システムの開発」
山口智子,千葉大学大学院工学研究科メディカルシステムコース平成28年度修士論文

平成28年度千葉大学工学部メディカルシステム工学科 最優秀論文賞
「画像誘導下内視鏡下鼻副鼻腔手術における定量手技評価システムの開発」
本田理,千葉大学工学部メディカルシステム工学科平成28年度卒業論文

公益財団NEC C&C財団 2017年度前期国際会議論文発表者助成
山口智子 (国際会議CARS2017での研究発表に関する渡航助成)

平成29年度千葉大学大学院学生等の海外派遣支援プログラム
山口智子 (国際会議CARS2017での研究発表に関する渡航助成)


2016年

平成27年度日本生体医工学会 新技術開発賞
「腹腔鏡下手術用トレーニング器具 「練習用持針器EYP2009-CNK」シリーズ」
井上雅司(日本高分子技研株式会社 代表取締役,千葉大学フロンティア医工学センター特別研究員)

立石科学技術振興財団 2016年度研究助成C
杉野貴明
「ナビゲーション技術を応用した内視鏡下手術の作業定量評価システムの構築」

平成28年度千葉大学大学院学生等の海外派遣支援プログラム
山口智子 (国際会議CARS2016での研究発表に関する渡航助成)


2015年

千葉エリア産学官連携オープンフォーラム2015 千葉大学長賞(優秀賞)
中村亮一 (共同研究者:杉野貴明,鈴木啓太,山口智子,川平洋)
「低侵襲手術とトレーニングを最適化するデジタル手術評価ソリューション」

Best Poster Award 1st Prize, 2015 International Symposium on Info Comm and Media Technology in Bio-Medical and Healthcare Application(IS-3T-in-3A)
Mizuki Takebayashi, Yuki Yamamoto, Ryoichi Nakamura
A Surgical Robot with Cell Sheet Scooping Mechanism and Heart-Surface-Motion Synchronization Control for Myoblast Cell Sheet Transplantation - Development of a Robot Transplantation Mechanism-

平成27年度千葉大学先進科学賞
中村亮一
「術中画像・情報処理に基づく低侵襲外科治療の可視化と最適化」

日本医用画像工学会 2014年度Medical Imaging Technology誌論文賞
小熊諒,中口俊哉,中村亮一,山口匡,川平洋,羽石秀昭
「腹腔鏡下手術用超音波プローブの屈曲角検出を用いた内視鏡像への超音波画像重畳システム」
Medical Imaging Technology,32(3):203-211, 2014

千葉大学ベンチャービジネスラボラトリー なのはなコンペ2015
杉野貴明
「ナビゲーション技術を応用した内視鏡下手術の作業定量評価システムの開発」

公益財団NEC C&C財団 2015年度前期国際会議論文発表者助成
杉野貴明 (国際会議CARS2015での研究発表に関する渡航助成)

公益財団法人内藤記念科学振興財団 2015年度春季内藤記念若手研究者海外派遣助成金
杉野貴明 (国際会議CARS2015での研究発表に関する渡航助成)


2014年

日本生体医工学会関東支部若手研究者発表会2014 優秀発表者賞
伊藤夏織
演題名:人工腹水灌流下手術(WaFLES)ナビゲーションにおけるリアルタイムデータ重畳表示法の開発

平成25年度千葉大学大学院工学研究科 研究科長賞
杉野貴明

平成25年度千葉大学工学部メディカルシステム工学科 優秀論文賞
「診断画像誘導型レーザ手術ロボットにおける近接覚を用いた作業制御方法の提案と評価」
相馬芳男,千葉大学工学部メディカルシステム工学科平成25年度卒業論文

平成26年度千葉大学大学院学生等の海外派遣支援プログラム
杉野貴明 (国際会議M2CAI2014での研究発表に関する渡航助成)


2013年

平成25年度千葉大学工学部社会貢献賞
「疑似診療・手術体験を通じた中高生への医療機器・医工学教育活動」

代表者:中村亮一,川平洋,山口匡
連名者:伊藤公一,五十嵐辰男,大沼一彦,高橋応明,齋藤一幸,菅幹生,中口俊哉,川村和也,大西峻

日本コンピュータ外科学会2013年度論文賞(医学賞)
「手術ナビゲーションシステムにおける「近接覚」提示誘導法の提案と評価」
中村亮一,本多有芽,佐藤生馬,日本コンピュータ外科学会誌,14(2):63-69,2012

日本コンピュータ外科学会2012年度講演論文賞
「手術ナビゲーションシステムを記録媒体として用いた腹腔鏡下胆嚢摘出術の工程解析法」
杉野貴明,川平洋,中村亮一,第21回日本コンピュータ外科学会大会,徳島,2012年11月2-4日
日本コンピュータ外科学会誌,14(3):398-9,2012

平成24年度千葉大学工学部メディカルシステム工学科 最優秀論文賞
「内視鏡手術用LITE鉗子におけるワンハンド変形機構の開発」
佐竹わらび,千葉大学工学部メディカルシステム工学科平成24年度卒業論文

公益財団法人福田記念医療技術振興財団 平成24年度後期国際交流助成
高橋徹 (国際会議CARS2013での研究発表に関する渡航助成)

平成25年度千葉大学大学院学生等の海外派遣支援プログラム
杉野貴明 (国際会議CARS2013での研究発表に関する渡航助成)


2012年

日本コンピュータ外科学会2012年度論文賞(工学賞)
「術中リアルタイム3D超音波診断画像を用いた胎児外科手術ナビゲーションの開発」
中村亮一,北角権太郎,長村伸一,田辺良子,須藤政光,勝池康允,望月剛,千葉敏雄,日本コンピュータ外科学会誌,13(2):87-95,2011

日本コンピュータ外科学会2012年度論文賞(優秀症例賞)
「手術ナビゲーション情報を利用したMRI誘導下脳腫瘍摘出術の進捗工程解析法」
相沢知明,中村亮一,村垣善浩,丸山隆志,田中雅彦,伊関 洋,日本コンピュータ外科学会誌,13(1):25-32,2011

The IFMBE Asia-Pacific Travelling Fellowship Award
sponsored by Asian Pacific Working Group, International Federation for Medical and Biological Engineering (IFMBE)
Ryoichi Nakamura

公益財団法人福田記念医療技術振興財団 平成23年度後期国際交流助成
本多有芽 (国際会議CARS2012での研究発表に関する渡航助成)

公益財団法人中部電気利用基礎研究振興財団 平成23年度助成(国際交流援助)
萩原大輔 (国際会議CARS2012での研究発表に関する渡航助成)


2011年

平成22年度コニカミノルタ画像科学奨励賞・進歩賞
「低侵襲精密移植術を実現する細胞シート手術ロボットのための並列型心運動計測システムの開発」
中村亮一


2010年

日本バーチャルリアリティ学会第12回論文賞
「大血管手術の安全性を高める画像支援ナビゲーションシステム」
植松美幸,中野喜隆,中村亮一,伊関洋
日本バーチャルリアリティ学会論文誌,14(1):39-47, 2009


2009年

TERUMO Award for Excellent Oral Presentation,
The 5th Asian Conference on Computer Aided Surgery(ACCAS2009)
Ryoichi Nakamura
July 4, 2009
受賞演題:Real-time Updated Navigation System with 4D Ultrasound Imaging for Endoscopic Fetal Surgery
Ryoichi Nakamura, Gontaro Kitazumi, Ryoko Tanabe, Yasumasa Katsuike, Masamitsu Sudo, Takashi Mochizuki, Toshio Chiba,
The 5th Asian Conference on Computer Aided Surgery(ACCAS2009), Chang Bin, Taiwan,July 3-4, 2009, abstract pp.109


back to top



論文
著書
講演
国際学会発表
国内学会発表
受賞・助成等
特許
メディア掲載・紹介記事等
その他活動等(研究・教育広報)

特許・意匠登録等

権利化済み特許

発明者:中村亮一,阿部貴大
発明の名称:「手術用器具
特許番号:特許第6202430号
登録日:2017年9月8日
出願番号:特願2013-167175
出願日:2013年8月10日

発明者:中村亮一,杉野貴明
発明の名称:「手術工程解析プログラム
特許番号:特許第6143259号
登録日:2017年5月19日
出願番号:特願2013-17972
出願日:2013年1月31日

発明者:中村亮一,中路景暁
発明の名称:「手術用器具
特許番号:特許第5751554号
登録日:2015年5月29日
出願番号:特願2011-127195
出願日:2011年6月7日

発明者:望月剛,千葉敏雄,中村亮一他
発明の名称:「医療用ナビゲーションシステム」
特許番号:特許第5477889号
登録日:2014年2月21日
出願番号:特願2009-090193
出願日:2009年4月2日

発明者:前田真法,岡野光夫,中村亮一他
発明の名称:「治療用物質の運搬投与器具」
特許番号:特許第5219610号
登録日:2013年3月15日
出願番号:特願2008-122814
出願日:2008年5月9日

発明者:前田真法,岡野光夫,中村亮一他
発明の名称:“Therapeutic-substance carrying/administering appliance”
特許番号:US7985197
登録日:2011年7月26日
申請番号:12/123,005
申請日:2007年5月22日


実用新案

考案者:高山成一郎,川平洋,中村亮一,黒田浩
考案の名称:「手術練習装置」
実用新案登録番号:実用新案登録第3199600号
登録日:2015年8月12日
出願番号:実願2015-2813
出願日:2015年6月4日


特許公開

発明者:中村亮一,鈴木啓太,杉野貴明
発明の名称:「手術トレーニングプログラム及び手術トレーニングシステム」
公開番号:特開2016-170362
公開日:2016年9月23日

発明者:中村亮一,鈴木昌彦,佐藤生馬
発明の名称:「人工関節置換術用冶具及びこれを用いた人工関節置換術用冶具セット」
公開番号:特開2014-147540
公開日:2014年8月21日


back to top



論文
著書
講演
国際学会発表
国内学会発表
受賞・助成等
特許
メディア掲載・紹介記事等
その他活動等(研究・教育広報)

メディア掲載・紹介記事等

2018年

・手術の評価
 内視鏡下鼻副鼻腔手術におけるナビゲーション情報を用いた手術工程・技能分析技術と,医療機器開発・ロボットへの応用について解説しています.(月刊科学雑誌Newton 2018年10月号に掲載された記事の再編収録です)

科学雑誌Newton別冊 ゼロからわかる人工知能 仕事編 (2018.12.17発売)


・装着感極めた「歩ける椅子」、医師の疲労を軽減
 11月5日に行われた医療用ウェアラブルチェア「archelis」の製品発表会の様子と製品概要の紹介です.

日経デジタルヘルス 2018年11月7日掲載
装着感極めた「歩ける椅子」、医師の疲労を軽減 ニット―、医療施設向けにレンタルを開始


・コンピュータ外科学で、外科手術をサポートする
 コンピュータ外科学・手術ナビゲーション・手術情報分析の研究と教育・実用化について解説しています.

Top Researchers 2018年10月23日掲載
コンピュータ外科学で、外科手術をサポートする ― 中村亮一・千葉大学フロンティア医工学センター准教授


・手術の“腕”をAIが客観的に評価
 内視鏡下鼻副鼻腔手術におけるナビゲーション情報を用いた手術工程・技能分析技術と,医療機器開発・ロボットへの応用について解説しています.

月刊科学雑誌Newton 2018年10月号(2018.8.25発売)
人工知能革命 第3回(終) AIドクターが命を救う 人工知能は医療をどう変えるか


・医療イノベーション キャリアフォーラム開催
 6月11日(月)に伊藤国際学術研究センター伊藤謝恩ホールにて開催されたキャリアフォーラムの取材記事です.

インナビネット 2018.06.12掲載
医療イノベーション キャリアフォーラム ~「世界に発する医療イノベーションを生み出す人材育成」を目指して~を開催



2017年

・手術訓練用の模擬臓器が大ヒット,数々の受賞も
 中村准教授・川平准教授との共同研究により開発されたトレーニング用臓器モデルVTT(Versatile Training Tissue)を開発した寿技研高山成一郎社長の取り組みが紹介されました.

JBPress 2017.12.27掲載
さらば下請け、ラジコン部品メーカーの大変身 手術訓練用の模擬臓器が大ヒット、数々の受賞も
(livedoorNews掲載版)
(Biglobeニュース掲載版)


・模擬臓器 作ったのは?医療・健康に異業種参入のワケ
 中村准教授・川平准教授との共同研究により開発されたトレーニング用臓器モデルVTT(Versatile Training Tissue)の取り組みがテレビ東京 ゆうがたサテライトにて紹介されました.

テレビ東京 ゆうがたサテライト 2017年12月8日(金) 放送
特集 模擬臓器 作ったのは?医療・健康に異業種参入のワケ


・ロボットやコンピュータで手術が変わる!?
 2017年7月23日(日)に行われた日本科学未来館での研究者との対話イベント「サイエンティスト・クエスト」での中村准教授の「情報技術で手術が変わる?」についてのご紹介です.

  日本科学未来館 科学コミュニケーターブログ 2017年8月13日
 ロボットやコンピュータで手術が変わる!?


・臨床現場と県内製造業を結び付け、医療機器産業の活性化を目指す
 千葉県・千葉県産業振興センター・千葉大学フロンティア医工学センター・国立がん研究センター東病院によるC-Squareの活動について,ちばぎん総合研究所の発行する会員向け経営情報誌「マネジメントスクエア」にて紹介されました.中村准教授のインタビューです.

  「マネジメントスクエア」No.330 (2017年8月号)
 モノづくりプロジェクトの挑戦 臨床現場と県内製造業を結び付け、医療機器産業の活性化を目指す C-square(シースクエア)


・夢の「歩ける椅子」実現 千葉大准教授ら共同開発 年内にも発売
 医療用ウェアラブルチェアarchelisの開発経緯についての取材記事です.

  産経新聞 2017年7月29日 千葉面
 夢の「歩ける椅子」実現 千葉大准教授ら共同開発 年内にも発売


・C-Squareの成果発表 医療現場のニーズを形に
 7月14日に開催されたC-Square EXPO17にて発表した,国際情報ネット・ホーキーメディテック社との共同開発による内視鏡下手技トレーニングシステムの紹介です.

  日刊工業新聞 2017年7月26日 23面
 医工連携で成果 現場ニーズを形に 内視鏡下手技 自動評価で確認


・ヒポクラテスの同志 先端医療を支える町工場
 (株)寿技研 高山成一郎社長の密着取材です.手術訓練用新素材VTTの共同開発について中村准教授がコメントしています.

  BS-TBS 「ヒポクラテスの誓い」 2017年6月24日
 #64「日本初の埋め込み型補助人工心臓開発した医師 心臓血管外科医 山崎健二」「ヒポクラテスの同志 先端医療を支える町工場 エンジニア高山成一郎」


・最先端の医療機器開発 柏にNEXT棟開業へ
 国立がん研究センタ東病院 次世代外科・内視鏡治療開発センター(NEXT棟)開設についての記事です.

  毎日新聞 2017年4月18日 千葉面
 国立がん研究センター東病院 最先端の医療機器開発 柏にNEXT棟開業へ /千葉


・これが国がんの次世代手術ロボ開発拠点だ
 国立がん研究センタ東病院 次世代外科・内視鏡治療開発センター(NEXT)竣工記念式典についての記事です.NEXT棟には当研究室のサテライトラボも入居予定です.

  日経デジタルヘルス 2017年4月18日
 デジタルヘルス事例 これが国がんの次世代手術ロボ開発拠点だ 東病院「次世代外科・内視鏡治療開発センター」が5月稼働


2016年

・「歩けるイス」で術者の腰の負担を軽減
 手術用ウェアラブルチェア archelis が紹介されました.(川平洋先生・井上雅司氏のインタビューです)

  日経メディカル Online 2016年10月27日
 トレンド◎外科医が開発したウェアラブルチェア「アルケリス」 「歩けるイス」で術者の腰の負担を軽減


・A Supporting Chair You Can Wear
 手術用ウェアラブルチェア archelis が紹介されました.中村准教授がコメントしています.

  NHK World 「Great Gear」 2016年6月22日
 Special Report: A Supporting Chair You Can Wear


・「医療現場のニーズ理解を」
 大学と中小企業との産学連携について,中村准教授のインタビュー記事です.

  日刊工業新聞 2016年02月18日
 研究者が語る「産学連携」。モノづくり中小の未来開拓(ニュースイッチ版)

 深層断面/研究者が語る「産学連携」 モノづくり中小の未来開拓(日刊工業新聞電子版(要会員登録))


・“歩ける椅子”開発 執刀医の負担軽減へ 千葉大など、今夏発売
 手術用ウェアラブルチェア archelis が紹介されました.中村准教授がコメントしています.

 千葉日報Web ちばとぴ 2016年01月23日 09:44
 “歩ける椅子”開発 執刀医の負担軽減へ 千葉大など、今夏発売
   
【その他の関連Webメディア記事など】
   THE BRIDGE 2016年1月15日
 長時間の手術に臨む医療スタッフの筋肉疲労を軽減、ウェアラブルチェア「archelis(アルケリス)」
 
   GIZMODO JAPAN 2016年1月24日
 ウェアラブルにも色んな種類があって、今度はチェアです。
 
   フジサンケイビジネスアイ 2016年1月26日
 長時間手術中の筋肉疲労を軽減 ニットーが医療用チェア (Web版)
 
   病院新聞 2016年1月28日
 千葉大等と協働してウェアラブルチェア ニットーが開発 (Web版)
 
   朝日新聞千葉面 2016年3月1日
 千葉)立ち仕事の負担軽減する椅子開発 千葉大准教授ら
   

 

・archelis メディア紹介情報 (2016年4月~)
 ・TBSテレビ EARTH Lab 2016年4月2日(土)23:24-23:30
 ・テレビ東京 明日からモーニングチャージ! 2016年4月3日(日) 10:30-11:25
 ・日本テレビ NewsZERO 2016年4月6日(水) 23:00-23:54
 ・TOKYO FM Honda Smile Mission 2016年4月19日(火) 8:10-8:17
 ・TBSテレビ ワザビト 2016年5月1日(日) 21:54-22:00
 ・日本テレビ ぶらり途中下車の旅 2016年5月14日(土) 9:25-10:30
 ・フジテレビ クイズやさしいね 2016年8月23日(火) 19:00-20:54
 ・フジテレビ ホンマでっか!?TV 2017年5月24日(水) 21:00-21:54


・崖っぷち”町工場”の逆襲!
 手術用ウェアラブルチェア archelis が紹介されました.

 テレビ東京 「ガイアの夜明け」 2016年1月19日
 ・崖っぷち”町工場”の逆襲!


2015年

・町工場の底力が光る!「歩けるイス」開発の裏側
 手術用ウェアラブルチェア archelis が紹介されました.(株)ニットー藤澤秀行社長の密着取材です.

 フジテレビ 「大みそか列島縦断LIVE!景気満開テレビ」 2015年12月31日
 ・町工場の底力が光る!「歩けるイス」開発の裏側


・医療機器等試作品コンテスト~金子製作所・寿技研~
 訓練用臓器モデルを共同開発中の寿技研(高山成一郎社長)の取り組みが紹介されました.

 テレビ埼玉 「埼玉ビジネスウォッチ」 2015年11月28日
 Watch Report「医療機器等試作品コンテスト~金子製作所・寿技研~」
 (※動画の閲覧にはWindows環境とMicrosoft Silverlightが必要です.Firewallの設定により接続できない場合があります.)


・低価格の腹腔鏡手術練習器具で町工場躍進
 腸管吻合モデルを共同開発した寿技研の高山成一郎社長の取り組みが産経Business i で紹介されました.

 産経Business i 2015年8月20日
 【埼玉発 輝く】寿技研 低価格の腹腔鏡手術練習器具で町工場躍進


・「超音波製品市場 ハイパワー化や高機能化が進展,今後活躍の場が広がる可能性あり」
 当研究室の超音波ナビゲーションシステムの技術と,山口匡教授が取り組む質的超音波診断・高周波超音波画像診断の技術が最新動向として取り上げられました.中村准教授への取材です.

 Yano E plus 2015年6月号
 ≪注目市場フォーカス≫ 超音波製品市場
 7. 超音波製品および超音波技術関連企業および団体の取組状況
 7-4. 国立大学法人千葉大学


・「産学連携で開発した内視鏡外科手術の訓練機器」
 当研究室との連携で開発された練習用持針器CNK等のトレーニング機器の産学連携開発の取り組みについて紹介されました.川平洋准教授のインタビュー記事です.

 産学官連携ジャーナル 2015年5月号
 特集2 - 医師の興した産学連携
 「産学連携で開発した内視鏡外科手術の訓練機器」


2014年

・「画像医療システム産業発展に向けて」
 中村准教授が講演を行いました第4回JIRA画像医療システム産業研究会(2014年12月10日(水))の取材報告です.

 インナビネット 取材報告 2014年12月11日
 「第4回「JIRA画像医療システム産業研究会」が開催


 @MED 新着ニュース 2014年12月10日
 「第4回「JIRA画像医療システム産業研究会」開催


・"医療ロボット"最前線 その可能性と課題は
 手術ロボットを中心とした医療ロボットの現状と可能性についてコメントしました.
 (プライムニュースのサイトでハイライト動画(前編後編)・テキストアーカイブが閲覧できます.)

 「起動セヨ 新産業革命 国産ロボット任務とは
 BSフジ プライムニュース 2014年8月14日



・臨床現場のニーズを中小企業が製品化へ
 7月11日に開催されるC-square EXPOに関連して千葉県の取り組みについての報道です.

 「臨床現場のニーズを中小企業が製品化へ- 国がんと千葉県などが連携プロジェクト
 医療介護CBニュース キャリアブレイン 2014年7月2日



・探訪!スゴイ!!研究室
 本研究室の研究概要の紹介とインタビュー記事(中村亮一,伊藤夏織)です.

 Rikejo,Vol.26,講談社,2014年1月
 「探訪!スゴイ!!研究室 Vol.14 千葉大学中村亮一研究室



2013年

・夢にチャレンジ!子どもたちの仕事体験
 今年の千葉県夢チャレンジ体験スクール キャリア教育科学・先端技術体験キャンプの模様についてのご紹介です.下記リンク先にて放送内容をビデオでご覧いただけます.

 「ウィークリー千葉県」
 千葉テレビ 2013年9月7日



2012年

・研究室紹介 先端治療工学研究室
 本研究室の研究体制,研究テーマ,設備の特徴についての紹介です.(執筆:中村亮一)

 日本コンピュータ外科学会誌 第14号 1巻 p38-44,2012年6月
 「研究室紹介:千葉大学大学院工学研究科人工システム科学専攻メディカルシステムコース先端治療工学研究室(LITE)



・手術時の誘導システム開発 超音波映像を活用
 術中超音波診断画像を利用した胎児外科・内視鏡外科用リアルタイム近接覚ナビゲーションの紹介です.

 日本経済新聞 2012年1月19日 千葉・首都圏経済面
 日経電子版 2012/1/18 23:52
 「超音波映像使い状況を即時表示 手術時の誘導システム 千葉大が開発



2011年

・出生前治療の安全性を向上,新しい手術ナビゲーションシステムの開発
 第83回日本超音波医学会学術集会にて発表した胎児手術用リアルタイム近接覚ナビゲーションの紹介です.

 超音波テクノ 23(2):52-55, 2011 Mar-Aprl
 「特集:若手研究者が選ぶ 学会で見つけた注目研究② 学会で見つけた注目研究:医用」


・手術ナビゲーションシステム
 術中DWIナビゲーション,近接覚ナビゲーション,手術進捗解析の研究紹介です.

 Medical Photonics 第4号 p56-57,2011年1月
 「Medical Instrument Report: 手術ナビゲーションシステム


・中に入って拡がる内視鏡手術器具
 先端変形・成形式エンドエフェクタ機構による内視鏡手術器具の紹介です.

 Medical Photonics 第4号 p60,2011年1月
 「千葉大学フロンティアメディカル工学研究センター: 中に入って拡がる内視鏡手術器具 中村亮一特任准教授」



2010年

・NIRSテクノフェア2010
 五十嵐研,菅研,中村研が出展した放射線医学総合研究所でのNIRSテクノフェア2010の様子が紹介されました.

 デイリー千葉,JCN千葉,2010年12月3日放送
 「NIRSテクノフェア2010


・診断と治療の質を高めるための医用画像の高次元・高精細化・高定量化および統合化
 CFMEの基幹プロジェクト3"FERMI"の紹介です.

 Medical Imaging Technology. 2010, Vol. 28, No. 5, p.385-388
 「研究室訪問紹介 千葉大学フロンティアメディカル工学研究開発センター基幹プロジェクト 診断と治療の質を高めるための医用画像の高次元・高精細化・高定量化および統合化


・第7回 CAS Young Investigator Awards(日立メディコ賞)授賞式および受賞講演
 JSCAS2010での日立メディコ賞歴代受賞者講演の紹介です.

 インナビネット 取材報告 2010年11月
 「「第19回日本コンピュータ外科学会大会(JSCAS) 開催 ―第7回 CAS Young Investigator Awards(日立メディコ賞)授賞式および受賞講演―」


back to top



論文
著書
講演
国際学会発表
国内学会発表
受賞・助成等
特許
メディア掲載・紹介記事等
その他活動等(研究・教育広報等)

その他活動の記録

2017年

日本生体医工学会関東支部若手研究者発表会2017を西千葉キャンパスにて開催いたしました.(11/18)

・東京ビッグサイトにて開催された新価値創造展2017にて特別展示を行いました.(11/15-17)

米子工業高等専門学校専攻科1年の妹尾真希さんが夏季インターンシップ生として当研究室にて実習を行いました.(9/4-15)

千葉県立現代産業科学館の夏休み特別イベント「これでわかった!未来の技術2017」にて医療用ウェアラブルチェアarchelisを展示しました.展示期間は8月12日(土)?8月27日(日),入場無料です.(8/12)

工学部オープンキャンパスにて展示を行いました.(8/5)

・今年度も千葉市未来の科学者育成プログラム 「医療を支える『医療機器』の最先端を見よう・知ろう・体験しよう」を開催しました.(実習の様子)(8/2)

千葉大学大学院医学研究院附属クリニカル・スキルズ・センター(CCSC)シミュレーション・ラボに評価型外科縫合シミュレータ(京都科学)を設置しました.ドライボックス同様,CCSC利用者に自由に利用できるように運用させていただきます.(7/26)

・CNKシリーズの新製品,練習用モノポーラcompo(モバイル電気メス)の販売が開始されました.(5/23)

今年も石田稔先生(斗南病院臨床工学部)をお招きして医療機器取扱講習会を実施しました。(5/26)

千葉県産官学医療連携シンポジウム  ~次世代の拠点形成に向けて~ from NEXT to the next が東葛テクノプラザで開催されました.座談会パネリストとして中村准教授が登壇したほか,製品開発中の内視鏡下手技訓練の自動評価システムを初披露しました.(2/24)


2016年

千葉県立柏高等学校の1・2年生21名が千葉大学見学会で当研究室に見学に来られました.(10/11)

沖縄工業高等専門学校4年の金城海姫さんが夏季インターンシップ生として当研究室にて実習を行いました.(9/12-16)

イノベーションジャパン2016~大学見本市&ビジネスマッチング~にてLITE鉗子技術展示を行いました.(8/25-26)

工学部オープンキャンパスにて展示を行いました.(8/5)

・今年度も千葉市未来の科学者育成プログラム 「医療を支える『医療機器』の最先端を見よう・知ろう・体験しよう」を開催しました.(実習の様子)(8/3)

・中村准教授,川平洋准教授との共同開発による「腹腔鏡下手術用トレーニング器具 「練習用持針器EYP2009-CNK」シリーズ」(日本高分子技研株式会社)が平成27年度日本生体医工学会 新技術開発賞に選定され,第55回日本生体医工学会大会にて授賞式が行われました.
(工学部ニュース千葉大学プレスリリース)


2015年

(株)ニットーと共同開発を行った手術用ウェアラブルチェアarchelis(アルケリス)の公式サイトを公開しました.(12/29)

第3回熊本大学医工連携フォーラムにて,医工連携の事例紹介として千葉大学から中村准教授が講演しました.(12/14)

・今年度も千葉市未来の科学者育成プログラム 「医療を支える『医療機器』の最先端を見よう・知ろう・体験しよう」を開催しました.実習の様子(8/5)

工学部オープンキャンパスが開催されました.(8/3)

・安価な手術訓練環境を提供するCNKシリーズ(川平洋准教授日本高分子技研(株)との共同開発)の新製品,CNK吻合練習用モデルが販売開始となりました.(7/1)

英文校正サービスを展開するEditage Japan社のスタッフブログに中村准教授のインタビュー記事が掲載されました.(6/25)

国際生体医工学会IFMBE アジアパシフィック支部による"The IFMBE Asian Pacific Research Network Fellowship 2015"に選抜された4カ国の研究者をお迎えして施設見学会と国際医工学セミナーを開催しました.(6/3)

・千葉大学VBL主宰のなのはなコンペ2015の授賞式が行われ,D2杉野貴明君が同コンペおよび特別賞2件(日本インサイトテクノロジー賞・絆賞)のトリプル受賞を果たしました.(4/20)


2014年

・千葉市科学館(きぼーる)にて,千葉市科学フェスタ2014 サテライトイベント 体験しよう!最先端技術がもたらす未来の医療を実施しました.(11/18)

・産学マッチングイベント「イノベーション・ジャパン2014」の「大学見本市」にて手術工程・技能評価システムの技術展示を行いました.(9/12)

千葉市未来の科学者育成プログラム 「医療を支える『医療機器』の最先端を見よう・知ろう・体験しよう」を開催しました.実習の様子(8/5)

千葉県夢チャレンジ体験スクール キャリア教育科学・先端技術体験キャンプでの実習「医療を支える『医療機器』の最先端を見よう・知ろう・体験しよう」を開催しました.(7/29)

・中村准教授がプログラム委員長を務めた第10回アジアコンピュータ外科学会議(The 10th Asian Conference on Computer Aided Surgery (ACCAS2014))は盛会にて終了いたしました.次回11回大会はシンガポールにて2015年7月9日から11日の会期で開催予定です.

千葉大学先進科学プログラムにて中村准教授がセミナーを行ないました.(5/2)

・宮本寛之特任助教が着任いたしました.(4/1)

1st International Symposium of WaFLESにて中村准教授が研究報告を行ないました.(3/14)

講談社の理系女子応援マガジン「rikejo」Vol.26の「探訪!スゴイ!!研究室 (Vol.14)」にて当研究室をご紹介いただきました.(1.21)

LITEのFacebookページを開設いたしました.(1/6)

・植村宗則先生(九州大学先端医療イノベーションセンター)を本研究室特別研究員(非常勤)として迎えました.(1/1)


2013年

・中村准教授を代表とするメディカルシステム工学科教員のグループが「疑似診療・手術体験を通じた中高生への医療機器・医工学教育活動」にて平成25年度千葉大学工学部社会貢献賞を受賞しました.(12/26)

櫻田義孝文部科学副大臣が本学を視察来訪され,中村准教授より研究のご紹介をいたしました.(12/20)

・中村准教授が千葉市立千葉高等学校にて模擬講義「コンピュータ外科学:先端医療を支える工学技術」を行いました.(11/27)

平成25年度千葉大学工学部模擬講義にて中村准教授が「ナビゲーション医療」について講義しました.(11/3)

・千葉市科学館(きぼーる)にて,千葉市科学フェスタ2013 メインイベント特別企画 体験しよう!最先端技術がもたらす未来の医療を実施しました.(10/12)

国立六大学連携コンソーシアム 新技術説明会がJST東京本部別館ホール(市ヶ谷)にて開催され,中村准教授から手術工程解析技術について紹介しました.(9/17)

電子情報通信学会医用画像研究会(MI)が千葉大学工学部15号棟で開催され,サイエンスパークセンターにて行なわれたラボツアーにて当研究室の研究紹介を行ないました.(9/13)

千葉エリア産学官連携フォーラム2013のラボツアーにて研究紹介をしました.(9/4)

千葉県夢チャレンジ体験スクール キャリア教育科学・先端技術体験キャンプでの実習「医療を支える『医療機器』の最先端を見よう・知ろう・体験しよう」を開催しました.(8/6)

千葉市未来の科学者育成プログラム 千葉大連携コース・医療系コースでの実習「医療を支える『医療機器』の最先端を見よう・知ろう・体験しよう」を開催しました.(7/30)

・スイス・ベルン大学ARTORGバイオメディカル研究センターのImage Guided Therapy Group(Stefan Weber教授)を訪問しワークショップを行いました.(7/1)

・中村准教授が千葉県立佐倉高等学校にて模擬講義「コンピュータ外科学:先端医療を支える工学技術」を行いました.(6/19)

・化学工業会SCE・Netの見学会がCFEEで開催され,中村准教授による研究紹介を行いました.(Webにて見学会レポート(pdf)が公開されています)(3/29)

・中村准教授が実行委員長を務めました千葉大学COEスタートアッププログラム「消化器がんの高精度低侵襲治療支援技術拠点」第2回国際ワークショップは144名の方にご参加いただき盛会のうちに終了いたしました.ワークショップアルバム (Workshop / Lab Tour)をFacebookページにて公開しております.(3/8)

International Color ConsortiumによるICC Chiba Experts' day 2013が千葉大学けやき会館で開催され,当研究室から中村准教授による特別講演とLaboratory Tourでの心拍動画像計測・手術工程解析の研究紹介を行いました.(2/1)


2012年

NIRSテクノフェア2012にて研究紹介をいたしました.(12/6)

・千葉市科学館との共催で無料公開市民講座「知っておきたい診断・治療の現状と最新技術」を開催しました.当方からはナビゲーション手術の現状について解説いたしました.(11/24)

埼玉県立春日部高校SSHの1年生17名が見学に訪れました.(11/14)

高井美穂文部科学副大臣が本学を視察来訪され,中村特任准教授より研究のご紹介をいたしました.(9/12)

平成24年度千葉県夢チャレンジ体験スクールにてCSPCの施設見学・手術ナビゲーションの解説/体験を実施しました.(7/25)

・国際生体医工学学会(IFMBE) Asia-Pacific Travelling Fellowship関連行事として,東京大学工学部14号館142室にて日本生体医工学会と東京大学グローバルCOE2拠点(CMSIGMSI)の共催国際セミナーが開かれ,中村特任准教授が講演を行いました.(5/25)

・国際生体医工学学会(IFMBE) Asia-Pacific Travelling Fellowship関連行事として,国立成功大学生物医学工程学部(Department of Biomedical Engineering)(台南,台湾)にて中村特任准教授が講義を行いました.(5/22)

・国際生体医工学学会(IFMBE) Asia-Pacific Travelling Fellowship関連行事として,国立精華大学(新竹,台湾),National Health Reserch Institute(竹南,台湾)にて中村特任准教授が講演を行いました.(5/21)

千葉大学COEスタートアッププログラム 「消化器がんの高精度低侵襲治療支援技術拠点」 第1回国際ワークショップを開催いたしました.(当日の様子)(3/8)

MEWeek2012 in Chiba(第10回千葉大学医工学シンポジウム)にて中村特任准教授が"Automatic Measurement, Analysis, and Prediction Method for Surgical Procedure and Environment using Surgical Navigation Information"について講演を行いました.また佐藤特任研究員と学生4名による研究紹介を行いました.(会期中の様子)(2/23)


2011年

・新しくなった千葉大学工学同窓会のホームページでは第XI部会(メディカル)のリンク・ページに当研究室の活動の写真が使われています.(12/26)

千葉市科学フェスタ サテライトイベント NIRSテクノフェア2011にて研究紹介をいたしました.(12/9)

千葉市科学フェスタ サテライトイベント「これからの医療 ―先端医工学研究の紹介―」にて研究紹介をいたしました.(11/26)

・放射線医学総合研究所研究基盤センターセミナーにて中村特任准教授が「術中情報取得・分析・提示による精密誘導手術環境構築」について講演を行いました.(10/24)

・駿台予備校千葉校での千葉大学学部別説明会にて中村特任准教授が工学部・MSE・LITEの紹介を行いました.(10/1)

千葉エリア産学官連携オープンフォーラム2011 ~未来を創る/震災を超えて-from千葉~にパネル出展いたしました.(9/16)

日本医用画像工学会第7回施設見学情報交換会及び日本写真学会医用画像研究会による本学CFME・MSE見学会にて手術ナビゲーションの紹介をいたしました.(7/20(水))

第23回千葉大学医工学研究会にて「術中情報分析・提示と高機能術具による次世代情報誘導MISの創成」をテーマに研究報告をいたしました.(6/29(水))

千葉大学広報誌 CHIBADAI Press No.14に髙木義明文部科学大臣の視察来訪の記事が掲載されました.(2/24)

第9回千葉大学医工学シンポジウムにてポスターによる研究紹介をいたしました.(2/18)


2010年

水野智彦・柚木道義衆議院議員がCFMEを視察来訪され,中村特任准教授より研究事例(手術ナビゲーション)のご紹介をいたしました.(12/6)

・放射線医学総合研究所 NIRSテクノフェア2010にて研究展示を行いました.来場者アンケートでは「最も印象に残ったブース」第1位でした.(12/2)

髙木義明文部科学大臣が本学を視察来訪され,中村特任准教授より研究のご紹介をいたしました.(11/12)

・中村特任准教授が市立千葉高校にて模擬講義「医工学 ~工学部から発信する先端医療の実現~」を行いました.(10/18)

千葉エリア産学官連携オープンフォーラム2010の研究シーズ展示会及び研究室見学(医工連携エリア)にて研究紹介をいたしました.(9/14)

・田嶋要衆議院議員が本学を視察来訪され,中村特任准教授より研究事例のご紹介をいたしました.(7/13)

第8回千葉大学医工学シンポジウムにてポスターによる研究紹介をいたしました.(2/19)


2009年

第5回千葉大学医工学研究会にて中村特任准教授が「術中情報取得・処理に基づく手術戦略支援システム」の講演を行いました.(10/27)

・IFMBE 2nd Asia-Pacific Travelling Fellowshipに参加されている4カ国4名の研究者が本研究室を見学されました.(9/1)

back to top