Concept_Title

WaFLESプロジェクトについて

WaFLES(水中手術)とは体の中を生理食塩水のような液体で洗いながら治療を行う研究段階の方法です。
私たちの体をつくる細胞や臓器は体液に浸って生きているわけですので、治療中も同じような環境を作ることは、細胞や臓器に影響の出にくい治療と考えています。 液体には液温、水圧、浮力があるほかに、空中と比べて音が伝わりやすい特長があります。これらを上手く利用することで、これまでとは異なる治療法が出来るようになるのでは、と考えています。 言い換えると、「これまで出来なかった治療が出来るようになるのでは」、と期待しています。

About WaFLES Project

WaFLES means therapeutic method and system carried out under irrigation of saline in the abdominal and/or thoracic cavity.
Since cells, tissues and organs of our body are immersed with body fluids, irrigating body cavity during therapy would reduce some harm effect of dry condition to the organs after therapy. In general, liquid has physical potential to affect our body by temperature, water pressure and buoyancy. Optimal arrangement of these property of liquid would open a gate of innovative therapies. We hope the research would be fruitful enough to novel cover diseases or emergent conditions that cannot control in the conventional methods.