千葉大学 フロンティア医工学センター

人間福祉医工学研究室(中川・大塚研究室)

 

 聴覚心理計測や神経生理計測,さらには音響物理計測, コンピュータ・シミュレーションを用いて,ヒトの感覚・知覚・認知機能,特に聴覚機能の情報処理メカニズムの推定に関する研究に取り組んでいます.知覚メカニズムを明らかにするだけでなく,それらの結果を利用した福祉機器の開発,知覚情報処理の計算機モデルの構築,さらには視聴覚環境の最適化とそのための生理指標の開発にも力を注いでいます.

 

現在の主なテーマ:

  • 非侵襲的計測を用いたヒト感覚・知覚・認知メカニズムの解明と環境最適化への応用
  • 非侵襲的手法(MEG, EEG, fMRI)を用いたヒトの知覚.認知関連脳機能の解明に関する研究
  • 生理および心理データの解析に基づく居住環境の最適化に関する研究
  • ブレイン・マシン・インターフェースの開発
  • 脳磁界・脳波データの解析手法,刺激装置などの開発

 

脳磁界・脳波計測による脳機能解明(東京大学・産業技術総合研究所との共同研究)

高精度な視聴覚環境評価

脳機能データからの”快適性”の抽出と,空間パラメータを自動的に最適化するブレイン・マシン・インターフェースへの応用

  • 骨導(骨伝導)メカニズムの解明と福祉・医療・生活機器への応用
  • 骨導超音波知覚の解明および重度難聴者のための新型補聴器の開発
  • 耳介骨伝導を利用したスマートホンの開発に関する研究
  • 骨伝導技術を応用した音響機器と生体機能診断機器の開発
  • 新しい補聴効果の評価手法の開発

“骨導超音波知覚”の解明に基づく重度難聴者のための新型補聴器の開発

骨伝導メカニズムの解明とスマートホンへの応用
(Kyocera Digno)

  • 聴覚の生理計測,心理計測による難聴メカニズムの解明
  • 耳音響放射(耳から生理的に発生する音)や電気生理信号の計測による”隠れた難聴”のメカニズム解明と診断手法の開発

耳音響放射の計測

 © 2016 Chiba University Nakagawa & Otsuka Laboratory