Core-to-Core

日本学術振興会平成29年度研究拠点形成事業 (A.先端拠点形成型)Core-to-Core Program

International Network of Multi-modal Medical Engineering for Precision Medicine マルチモーダル計測医工学の国際拠点形成

Event FY2017

2017  April Program has started (until 2023.3)

2018  Jan. 17. International Young Researchers' Workshop on Multimodal Medical Engineering 2018 For more information...
    Jan 18. Second International Symposium on Multimodal Medical Engineering (MME) (Chiba University) For more information...

Event FY2018 NEW

University of Eastern Finland(Finland)

ADVANCED PHOTONICS 2018
IN CLINICAL MEDICINE AND SURGERY
THE 2nd FINNISH – JAPANESE MEDICAL PHOTONICS SYMPOSIUM
Sep.25, 2018: Auditorium I – Kuopio University Hospital – Kuopio Finland

Program(PDF)

University of Eastern Finland | UEF

Thammasat University (Thailand)
Dec. 14, 2018 : SIIT, Thammasat University

Shanghai Jiao Tong University (China)

Medical Imaging and Computationalmodeling in Cardiovascular and Pulmonary Diseases

Nov.3-4, 2018 :Shanghai Jiao Tong University

University of Waterloo (Canada)
Oct. 12, 2018: University of Waterloo

Chiba University (Japan)

Third International Symposium on Multimodal Medical Engineering (MME)

Date: TBD, 2018 or 2019 : Chiba University

Event FY2019 NEW

Chiba University (Japan)

4th International Symposium on Multimodal Medical Engineering (MME)

Aug. 29-30, 2019: Toyama University


Event FY2020


Core Institute, Japanese Coodinator:Chiba University, HANEISHI Hideaki, Professor

  Partner Countries Core Institute (Partner) Coordinator (Partner)
Information Photonics Finland University of
Eastern Finland
HAUTA-KASARI Markku
Medical Imaging
Thailand Thammasat University MAKHANOV S. Stanislav
Biomechanics China Shanghai Jiao Tong University LIANG Fuyou
Medical Ultrasound Canada University of Waterloo YU C.H. Alfred
Medical Imaging
Medical Ultrasound
USA Riverside Research Ernest J. FELEPPA

Japan Society for the Promotion of Science (JSPS) : Core-to-Core Program

 これまでの医療ではレントゲンや超音波、CT などいくつかの巨視的(マクロ)な計測・ 診断装置(モダリティ)で得られた情報に基づいて画像診断を行っている。一方、疾患の確定的な診断のためには、組織を取り出して顕微鏡による微視的(ミクロ)な病理診断を行うことが多くの場合に必要となる。これらの画像情報間の関係性を詳細に調べ、疾患のミクロな特徴とマクロな特徴を関係づけることで、あるいはまた、異なるモダリティで得られる信号から生体の構造や物性、機能の情報を多角的に獲得していくことで、診断・治療の能力が飛躍的に向上すると期待される。この期待に対して千葉大学では戦略的重点研究強化プログラムとして「マルチモーダル(MM)計測医工学」プロジェクトを進めている。これは、マルチモーダル統合技術とマルチスケール超音波技術を2つの柱として、上記の目標達成を目指すプロジェクトである。

 このプロジェクトの推進のためには、国内外の有力機関とのネットワークを構築し、共同研究、セミナー等を通して、相互の能力を高め合うことがきわめて効果的である。またそれらの活動を通して若手研究者を育成する。

 本申請の研究交流では、千葉大学の MM 計測医工学プロジェクトのサブセットとして、以下4 つの課題 を推進する。研究に関しては、個別の課題ごとに具体的な目標を設定するが、それぞれの課題での要素技術の研究と課題間の連携研究を行う。

 またこの結果として、国際共著論文を出版すること、また人材育成面では、多数の大学院生を海外機関に中短期派遣して国際共同研究の能力を涵養し、事業終了後も国際意識の高 い学生が集まる研究教育拠点となること、を目標とする。

日本学術振興会: https://www.jsps.go.jp/j-c2c/jisshichu_a.html