スタッフ

スタッフ紹介 山口 匡

プロフィール

yamaguchi_image

副センター長

氏名:
山口 匡 Tadashi YAMAGUCHI 
職名:
教授 
学位:
博士(工学) 
Keyword:
医用超音波、マルチスケール超音波診、断物性解析、信号処理、組織性状診断 
E-Mail:
yamaguchi[at]faculty.chiba-u.jp 

テーマと内容

マルチスケールでの超音波組織性状診断

一般的な超音波検査では体表から数MHzの超音波を体内に照射し、各種組織から反射する超音波(エコー)の情報を可視化することで評価を行いますが、その分解能は1mm程度に制限されてしまいます。私の研究では、臨床と同程度の周波数帯から数百MHzの周波数帯で同一の生体組織を観察し、各種組織における固有特性の周波数依存性や、細胞以下のミクロ組織から複数の組織が混在したマクロ構造におけるエコーの性質を指標化することで、任意の周波数帯を用いて所望の分解能で組織の性状(形態、構造、活性・不活性、炎症、変質、音響特性、機械特性など)を評価する総合技術を開発しています。

超音波診断の定量指標化

マルチスケール診断を実現するためには、多数の要素施術の開発が不可欠です。例えばマクロ構造の評価について、生体中におけるエコー信号を伝搬特性から生体組織における散乱特性を評価する複数の信号解析法を提案し、生体組織のミクロな物性評価のためには超高周波数で広く深く領域を計測可能なシステムを開発しています。これらを国内・海外の多数の研究者と連携して実施し、装置や設定に依存しない超音波診断の定量指標の確立を目指しています。

関連リンク: